記事に戻る

量より質の練習で狙うキャリアハイ…ベイスターズが全員参加の秋季トレーニングを「キャンプ」と呼ばない理由とは

2019年に完成した「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」の室内練習場で基礎トレーニングに励む選手たち / photograph by YDB フラットグローブを使い、キャッチングの基礎技術を確認するプロ3年目の捕手、益子京右 2019年のドラ1内野手・森敬斗。一軍44試合出場に終わった今季の巻き返しを図るための大切な時期だ

2019年に完成した「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」の室内練習場で基礎トレーニングに励む選手たち(photograph by YDB)

2019年に完成した「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」の室内練習場で基礎トレーニングに励む選手たち / photograph by YDB フラットグローブを使い、キャッチングの基礎技術を確認するプロ3年目の捕手、益子京右 2019年のドラ1内野手・森敬斗。一軍44試合出場に終わった今季の巻き返しを図るための大切な時期だ

ページトップ