記事に戻る

「最年少、最年少、最年少…」19歳藤井聡太三冠の記録ラッシュ それでも難易度が高い中原誠の“伝説的記録”「当時はスゴいと思わなかった」

9月13日に叡王を獲得し、史上最年少三冠になった藤井聡太氏。写真は7月、棋聖戦で初防衛。18歳11カ月で最年少九段になった / photograph by KYODO 9月13日に叡王を獲得し、史上最年少三冠になった藤井聡太氏。記念のマスコット「ペコちゃん」を贈られたことも話題に ©Hirofumi Kamaya 2016年12月24日のプロ初対局、加藤一二三九段戦。中学2年、14歳だった藤井四段が最年少勝利 2018年2月の朝日杯、15歳6カ月で優勝 ©BUNGEISHUNJU 2020年7月16日、渡辺明棋聖を破り、17歳11カ月でタイトルを獲得 ©日本将棋連盟 1989年12月27日、島朗竜王を破り、19歳で初の10代竜王になった羽生善治六段(当時) ©KYODO 1983年に21歳2カ月で最年少名人になった谷川浩司九段(写真は1984年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1962年に初の五冠独占を果たした大山康晴十五世名人(写真は1965年撮影) ©BUNGEISHUNJU 23歳11カ月という史上最年少永世称号の記録を持つ中原誠十六世名人。年間最高勝率(67年度、47勝8敗、0.855)も未だ破られていない ©BUNGEISHUNJU 9月13日の叡王戦第5局で豊島将之竜王(左)に勝利。3勝2敗で叡王を獲得し、史上最年少三冠に ©日本将棋連盟 9月13日、叡王獲得後の記者会見で ©Hirofumi Kamaya 記念のマスコット「ペコちゃん」を贈られた藤井聡太新叡王 ©Hirofumi Kamaya 藤井二冠が頼んだ「コロコロしばちゃん」 ©日本将棋連盟 プロになった4年前、自宅リビングでの貴重な1枚 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太三冠が祖父と将棋をする ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太三冠がピアノを弾く姿 ©Keiji Ishikawa ©Keiji Ishikawa 地元・瀬戸市の将棋まつりで子どもたちに指導をする藤井三冠(2019年撮影) ©BUNGEISHUNJU 2021年度、すでに32局を戦っている藤井三冠(対局数は全棋士で1位、9月17日時点) ©日本将棋連盟

1989年12月27日、島朗竜王を破り、19歳で初の10代竜王になった羽生善治六段(当時) ©KYODO

9月13日に叡王を獲得し、史上最年少三冠になった藤井聡太氏。写真は7月、棋聖戦で初防衛。18歳11カ月で最年少九段になった / photograph by KYODO 9月13日に叡王を獲得し、史上最年少三冠になった藤井聡太氏。記念のマスコット「ペコちゃん」を贈られたことも話題に ©Hirofumi Kamaya 2016年12月24日のプロ初対局、加藤一二三九段戦。中学2年、14歳だった藤井四段が最年少勝利 2018年2月の朝日杯、15歳6カ月で優勝 ©BUNGEISHUNJU 2020年7月16日、渡辺明棋聖を破り、17歳11カ月でタイトルを獲得 ©日本将棋連盟 1989年12月27日、島朗竜王を破り、19歳で初の10代竜王になった羽生善治六段(当時) ©KYODO 1983年に21歳2カ月で最年少名人になった谷川浩司九段(写真は1984年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1962年に初の五冠独占を果たした大山康晴十五世名人(写真は1965年撮影) ©BUNGEISHUNJU 23歳11カ月という史上最年少永世称号の記録を持つ中原誠十六世名人。年間最高勝率(67年度、47勝8敗、0.855)も未だ破られていない ©BUNGEISHUNJU 9月13日の叡王戦第5局で豊島将之竜王(左)に勝利。3勝2敗で叡王を獲得し、史上最年少三冠に ©日本将棋連盟 9月13日、叡王獲得後の記者会見で ©Hirofumi Kamaya 記念のマスコット「ペコちゃん」を贈られた藤井聡太新叡王 ©Hirofumi Kamaya 藤井二冠が頼んだ「コロコロしばちゃん」 ©日本将棋連盟 プロになった4年前、自宅リビングでの貴重な1枚 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太三冠が祖父と将棋をする ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太三冠がピアノを弾く姿 ©Keiji Ishikawa ©Keiji Ishikawa 地元・瀬戸市の将棋まつりで子どもたちに指導をする藤井三冠(2019年撮影) ©BUNGEISHUNJU 2021年度、すでに32局を戦っている藤井三冠(対局数は全棋士で1位、9月17日時点) ©日本将棋連盟

ページトップ