記事に戻る

『BORN TO RUN』の“走る民”を救え!募金を求めて山手線一周ラン体験記。

節分にちなみ、鬼の扮装で山手線沿いをひた走る松山貴史くん(大学4年生)。胸にかかる襷には、「タラウマラのために 豆を下さい」の文字。 / photograph by Miki Fukano 一緒に走りにきてくれた方、わざわざ募金に来てくれた方、総勢9名で記念写真。 おそるおそるの「日本酒エイド」。渇きを癒してくれました。 何の鬱憤がたまっていたのか、すごい勢いで豆を投げてきた美女。本当に痛かった。 最初はとまどいながらでしたが、かわいい女の子も豆を投げつけてくれました。 大正時代の姿を取り戻した東京駅の前を通過! 募金いただいた皆さんの「思い」です。感謝、感激です。

おそるおそるの「日本酒エイド」。渇きを癒してくれました。

節分にちなみ、鬼の扮装で山手線沿いをひた走る松山貴史くん(大学4年生)。胸にかかる襷には、「タラウマラのために 豆を下さい」の文字。 / photograph by Miki Fukano 一緒に走りにきてくれた方、わざわざ募金に来てくれた方、総勢9名で記念写真。 おそるおそるの「日本酒エイド」。渇きを癒してくれました。 何の鬱憤がたまっていたのか、すごい勢いで豆を投げてきた美女。本当に痛かった。 最初はとまどいながらでしたが、かわいい女の子も豆を投げつけてくれました。 大正時代の姿を取り戻した東京駅の前を通過! 募金いただいた皆さんの「思い」です。感謝、感激です。

ページトップ