SCORE CARDBACK NUMBER

苦境続きも勇往邁進の姿勢で。ユーイング、母校に再び黄金期を。~HCに就任した元NBA選手のシーズン~

posted2021/04/06 08:00

 
苦境続きも勇往邁進の姿勢で。ユーイング、母校に再び黄金期を。~HCに就任した元NBA選手のシーズン~<Number Web> photograph by Getty Images

ユーイング(前列左から3人目)は現役時代にニューヨーク・ニックスなどで活躍。'17年から母校の指揮を執る

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ランキング好きのアメリカのメディアは、色々な順位づけを考え出す。NCAAトーナメントを前にESPNが発表したのは、出場68チームのヘッドコーチを選手時代の実績で順位付けしたもの。1位に輝いたのはジョージタウン大ヘッドコーチのパトリック・ユーイングだった。11回NBAオールスターに選ばれ、殿堂入りもしているのだから文句なしの1位だ。大学時代にも3回ファイナル4に進み、'84年には全米優勝を果たしている。

 そのユーイングが母校ジョージタウン大のヘッドコーチに就任したのは4年前のこと。現役の頃のような黄金期復活を期待されてのことだったが、ヘッドコーチとして導くのはまったく新しいチャレンジだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 595文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

関連記事

パトリック・ユーイング

バスケットボールの前後の記事

ページトップ