マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

創価大ひと筋37年…“グラウンドもない”弱小校の監督になり、小川泰弘、石川柊太ら球界のエースを生み出した男

posted2020/12/22 17:00

 
創価大ひと筋37年…“グラウンドもない”弱小校の監督になり、小川泰弘、石川柊太ら球界のエースを生み出した男<Number Web> photograph by Jiji Press

1984年から創価大野球部の監督を37年間務めてきた岸雅司監督

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Jiji Press

 この秋、11月10日、横浜スタジアム。

 秋の大学・高校の「全国大会」である明治神宮大会はコロナのために中止になったが、せめて「関東No.1」だけは決着をつけようと、関東の5つの大学リーグの優勝、準優勝合わせて10チームによる「関東地区大学野球選手権大会」が行われていた。

 創価大学・岸雅司監督とは、もう15年ほどのお付き合いになる。

 選手の取材から始まって、今から8年ほど前には拙著『監督と大学野球』にも登場してもらい、監督人生についてうかがった。

 いつもの年なら、リーグ戦や八王子のグラウンドの練習に3回や4回はおじゃましているのだが、今年はこうした状況なので控えていた。

「まだ選手たちにも言ってないんだけど……」

 シーズンも大詰めになって、ご挨拶だけでも……と、試合前のダグアウトをのぞこうとしたら、バックネット前で仁王立ち。岸監督、選手たちのアップの様子を眺めていた。

「おお、久しぶり!見たよ、この前、テレビで!」

 にっこり笑って、ミットを構えるかっこをしてみせる。

 福岡大大濠・山下舜平大(オリックス1位)、トヨタ自動車・栗林良吏(広島1位)…この秋、私が“とんでもないボール”を受けた映像がテレビで紹介されていた。

「まだ受けてるんだ、よく見えるねボール。僕なんか、キャッチボールだっておっかないよ」
「まーた、また」

 ひとしきり、そんな話が続いたあたりで、岸監督の口ぶりがちょっと変わった。

【次ページ】「まだ選手たちにも言ってないんだけど……」

1 2 3 4 5 NEXT
創価大学
岸雅司
小川泰弘
石川柊太
田中正義

大学野球の前後の記事

ページトップ