オリンピック4位という人生BACK NUMBER

<オリンピック4位という人生(終)>
リオ五輪 7人制ラグビー桑水流裕策

posted2020/08/30 20:00

 
<オリンピック4位という人生(終)>リオ五輪 7人制ラグビー桑水流裕策<Number Web> photograph by JMPA

南アフリカとの3位決定戦に挑んだ7人制ラグビー主将の桑水流裕策(右)。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

JMPA

強豪を破り、大健闘を見せた7人制ラグビー。チームをまとめた“ミスターセブンズ”は、4年後東京の舞台に立つ、はずだった。男はなぜ代表を退く決断をしたのか――。

Number989号から連載スタートした『オリンピック4位という人生』、最終回を特別に掲載します!

 2020年3月24日、桑水流(くわずる)裕策は東京五輪延期が決まったというニュースを自宅のテレビで見た。すでに予想はしていたが、自分の中から何かが抜け落ちていくのを感じたという。

「ゴールが見えなくなったというか。あと4カ月、この苦しさに耐えようと言い聞かせていたところに1年延期ですから……。もう果てしなく感じました」

 長らく7人制ラグビー日本代表の魂であった桑水流はリオデジャネイロ五輪の後、代表を退いていた。東京をめざして復帰したのは昨夏のことだ。ピークを越えた自分が代表のためにできることは何かを模索していた矢先、ウィルスがスポーツの祭典を霞の彼方へ追いやってしまった。

「周りの選手は1年後へ切り替えて課題を話し合っていました。その中で私だけが前を向けていなくて……このままだと悪影響を与えてしまうと思ったんです」

 代表のメンタルコーチに相談し、自分の気持ちを紙に書き出してみた。そして独り重い決断を下し、ヘッドコーチの岩渕健輔の電話を鳴らした。

『チャンスをいただいておきながら申し訳ないんですが、1年先に気持ちを向けることができませんでした……』

「心が折れた感じでした」

 桑水流はその瞬間の自分をこう表現した。

「身体的にはやれたと思います。ただ気持ちがついていかないと体を追い込むこともできない。心が折れた感じでした」

 心が折れた。桑水流はそう言った。

 これでもかと心肺にムチ打ち、屈強な男たちの群れに血と骨をぶつけていく。そういう競技だ。体が動かなくなったというのならわかる。ただ、'05年から15年間もそんな戦場に立ち続けてきた男の心がなぜ――。

「ええ……、そうですねえ……」

 本人も咀嚼しきれていないのかもしれない。言いながら迷う。そうやって自問自答を繰り返す中、桑水流には、いつも強く思い出されるゲームがあるという。

【次ページ】 あのオールブラックスに勝てるかもしれない。

1 2 3 4 5 NEXT
桑水流裕策
エディー・ジョーンズ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後のコラム

ページトップ