オリンピック4位という人生BACK NUMBER

<オリンピック4位という人生(11)>
アテネ五輪男子リレー・土江寛裕

posted2020/06/21 11:40

 
<オリンピック4位という人生(11)>アテネ五輪男子リレー・土江寛裕<Number Web> photograph by AFLO

最終走者の朝原宣治(左)と第1走者の土江寛裕。4年後、土江はコーチとしてリレー4×100mに臨んだ。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

AFLO

'08年にメダルを獲得し、今や日本が世界に伍する種目となった男子4×100mリレー。北京で花開くその4年前、メダルを逸した第1走者が走り続けたレーンの先には――。

Number989号から連載スタートした『オリンピック4位という人生』を特別に掲載します!

 あのスタートの感触は今も曖昧なままで、長らく後悔のもとになっていた。

 男子4×100mリレー決勝。アテネのスタジアムは完全な静寂に包まれていた。日本の第一走者・土江寛裕は神経を耳に集中させると、爆発音と同時に走りだした。

「イギリスのフライングで仕切り直しになった2回目のスタートでした。ただどうしても記憶がおぼろげなんです……」

 そこからわずか40秒足らずでレースは終わった。日本はアンカー朝原宣治が数選手をかわす好走をみせて4位になった。

 金メダルのイギリスがフラッグを掲げ、銀に終わったアメリカがうなだれているのが見えた。コンマ数秒が分けた勝者と敗者の群れの中、土江は心を天秤にかけていた。

 4位は日本の同競技史上最高順位だった。ただ一方で3位ナイジェリアに0.26秒差、約2mの差でメダルを逃したのだ。

「讃えてくれる声も多かったんですけど、やはり残念という気持ちが強かったですかね。なんとか代表メンバーに入れた僕としてはリレーにかけていた。最後のオリンピックでメダリストになって、競技人生を終わりたいと思っていましたから」

 土江はこのとき、まだ自分の身に何が起こったのか気がついていなかった。

スタートミスに気づき……。

 心の天秤を少し落胆へと傾けたままTVカメラの前でインタビューに答え、新聞雑誌メディアが待つ囲みへと向かった。すると人波の中から顔なじみの専門誌記者に聞かれた。彼女はすこし血相を変えていた。

『あれ。1回目のスタート。どうしたの?』

 え? 何がですか? 土江は一瞬、彼女の言っている意味がわからなかった。

 慌てて場内モニターを見てみた。そこではじめて何が起こったのかを知った。

「取り返しのつかないミスをしてしまっていたんです……。血の気が引きました」

 事件はスタートで起きていた。

 各ランナーの後ろには小さなスピーカーがあり、そこからスタート用ピストルの引き金を引く「カチャン」という音が聞こえる。ランナーはそれを合図に走り出す。それからわずかに遅れて「ドーン」という爆発音が場内用スピーカーから流れる。

 つまりランナーが聞くスタート音と場内に流れるものとで時間差があった。土江は1回目、「カチャン」に反応して走り出したが、直後に「ドーン」と聞こえたため自分がフライングしたと勘違いしてレースを止めた。実際にフライングをしたのはイギリスで別のブザー音が鳴っていたのだが、土江は「カチャン」では早いのだと思い込み動揺していた。そして仕切り直しの2回目では、本来反応すべき音よりも一拍遅い「ドーン」を待ってしまった。

【次ページ】 0.2秒、2mは銅メダルと4位の差。

1 2 3 4 5 NEXT
朝原宣治
土江寛裕
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ