オリンピックへの道BACK NUMBER

柔道、体操、競泳、バド女子……。
東京五輪代表選考“激戦区”を展望。

posted2020/01/05 20:00

 
柔道、体操、競泳、バド女子……。東京五輪代表選考“激戦区”を展望。<Number Web> photograph by AFLO

2019年4月、全日本選手権の個人総合でまさかの予選落ちを経験した内村(中央)。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 2020年を迎え、今年はついにオリンピックイヤーとなった。

 すでに内定が出ている競技もあるオリンピック代表だが、多くの競技では、ここから代表をめぐる競争が本格化してくる。

 それは各競技の第一人者たちにとっても同様だ。

 競技レベルが上がったことで競争が熾烈となっているのが、バドミントンだ。

 2019年夏に行なわれた世界選手権で、日本は男女シングルス、男女ダブルス、ミックスダブルスの全5種目でメダルを獲得した。それぞれの種目で強化に奏功し、さらに層も厚みを増している。

リオ五輪優勝ペアが日本勢では3番手。

 中でもハイレベルな争いとなっているのが、女子ダブルスだ。

 ダブルスは世界ランキング8位以内に2組以上ランクしているときは、1国から2組が出場でき、1組のみの場合は、1組と定められている。これは男女共通だ。

 五輪代表の対象となるランキングは2020年4月30日に発表されるもの。つまり、佳境に入っていると言ってよい。

 女子ダブルスと言えば、リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋礼華、松友美佐紀組を覚えている方も少なくないだろう。

 だが、そんな彼女たちが東京五輪では代表に入れるかどうか、厳しい状況にある。

 2019年12月17日現在の世界ランキングを見ると、昨夏の世界選手権準優勝の福島由紀、廣田彩花組が2位。3位は同優勝の永原和可那、松本麻佑組。高橋、松友組は4位に位置している。つまり、日本勢では3番手となっているのだ。

 また、このランキングから分かるように、世界上位を日本勢が占めており、日本勢のレベルの高さがわかる。ここから春にかけて、どのペアにとっても気を抜くことのできない大会が続いていく。

【次ページ】 激戦の柔道男子66kg級。

1 2 3 NEXT
高橋礼華
松友美佐紀
福島由紀
廣田彩花
永原和可那
松本麻佑
素根輝
丸山城志郎
阿部一二三
内村航平
白井健三
瀬戸大也
萩野公介
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ