JリーグPRESSBACK NUMBER

なぜ浦和はACLで大逆転できるのか。
大槻監督「歴史が今のチームの土台」

posted2019/06/27 11:40

 
なぜ浦和はACLで大逆転できるのか。大槻監督「歴史が今のチームの土台」<Number Web> photograph by Getty Images

2得点を決め、ACLベスト8進出に貢献した興梠慎三(右)。準々決勝の抽選は7月2日だ。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Getty Images

 快勝だった。

 ファーストレグを1-2と落とした浦和レッズが敵地韓国へ乗り込んだ6月26日ACLラウンド16対蔚山現代戦。

 前半終了間際の41分に先制点を奪うと、後半35分には興梠慎三がこの日2点目をマークする。このまま試合が終われば、浦和が勝ち上がる。スロースターターだった蔚山がようやく攻撃をしかけてきたが、それを突き放す3点目を後半42分に決めてみせた。

 2017年に浦和がACL王者に輝いたときも、ファーストレグでの敗戦を力に変え、セカンドレグで逆転し続けてきた。

 その手ごたえがあるのだろう。1週間前、ファーストレグ敗戦後、西川周作や槙野智章ら優勝経験者たちは、「ここからACLの醍醐味を味わえる」という空気を漂わせていた。それでも、「前回はすべて第2戦がホームだった。今回はそこが違う」と言い添えることも忘れてはいなかった。

 しかし、今思うのは、彼らが見せていた「手ごたえ」は、逆転劇の強さだけではなかった。

「負けた試合を自分たちが活かす」(槙野)

「どうすれば、第1戦で良くなかったところを改善できるのか? その答えみたいなものがわかっていた」と槙野が振り返る。

「1戦目で2失点したなかで、誰が悪いというのではなく、どういう状況でその失点が生まれたかというのを、細かに見直して、話し合った。目をそむけたくなるような部分としっかりと向き合えた。同時にできていた部分の底上げも行えた。そういう1週間を過ごせた。

 ボールを奪われたときのリスク管理、ポジショニングについては、1戦目よりもかなり意識した。負けた試合を自分たちが活かす、今日はそういうゲームができた。もしかしたら、第1戦で勝っていたら、こういう対策もできず、アウェイで難しい試合になっていたかもしれない」

 相手の強みであるカウンター攻撃を封じただけでなく、ファーストレグから強く意識していたサイドからの攻撃で、3得点を決めたところをとっても、チームとしての上積みが結果を生んだ勝利だった。

「ホームでの試合でも、チャンスは作れていた。そのチャンスを決め切れなかっただけ。でも今日は1つのチャンスを逃さずに決めることができた」(興梠)

 この日、興梠は慣れた1トップでプレーし、2得点。ゴールへの臭覚はアジアナンバー1かもしれない。「第2戦は間違いなく全員のハードワークが必要」と語っていたストライカーは、自身も前線で走り切っていた。

【次ページ】 大槻監督は「ホッとしました」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

浦和レッズ
興梠慎三
槙野智章
岩波拓也
大槻毅

Jリーグの前後のコラム

ページトップ