Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<新時代を担う大器>
中井卓大「レアルに衝撃を与えた才能」

posted2019/06/09 11:30

 
<新時代を担う大器>中井卓大「レアルに衝撃を与えた才能」<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka

text by

栗田シメイ

栗田シメイShimei Kurita

PROFILE

photograph by

Kenzaburo Matsuoka

日本サッカー界はいまだその真価を目撃していない。しかし「白い巨人」レアルが惚れ込んだという事実だけでも、計り知れないスケール感が漂う。若き大物の可能性は当地でどう見られているのか。(Number979号掲載)

“あの少年は何者なんだ”

 '12年夏の北海道。選手視察を目的に、この地を訪れていたレアル・マドリーのスタッフたちは、驚きを隠せなかった。彼らの関心は、滋賀県から来た天才少年のボール捌きに注がれていた。

 当時、クラブのU-11世代の監督を務めていたイニアッキ・ベニ氏が述懐する。

「誰も彼のボールを取れないし、取られない。突出した技術に加え、自分と相手の距離感を完璧に理解する“感性”も目を引いた。マドリードに連れて行っても、結果は同じさ。試しに3学年上のカテゴリーで練習させても、面白いようにDFを抜いていく。存在感は圧倒的だった」

 その衝撃から2年弱、中井卓大はフットボール界を席巻してきた白い巨人のユニホームに袖を通すことになる――。

 中井の才能の片鱗を感じさせる余聞である。あれから6年。“ピピ”の愛称で知られる中井は15歳を迎え、マドリードで逞しく成長を遂げている。

「真面目で、素直。適応能力が高い」

 彼を知るレアル関係者に中井のことを尋ねると、口を揃えてこう賞賛する。

 彼らの発言も、改めて中井の軌跡を辿れば腑に落ちる。渡欧後わずか1年ほどでスペイン語を習得し、短所とされた体格面も、1日4度の食事で180cmを超えるまでに発育した。大半のチームメイトがクラブを去っていく中、今や在籍年数では最古参の1人となった。そして、国内のタイトルを総ナメにするチームで主力を担っているのだ。その事実が、レアルからの高い評価を示す何よりの証左でもある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中井卓大
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ