Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<アトランタ主将の蹉跌>
前園真聖「五輪しかないのがずっと嫌だった」

posted2019/06/03 15:00

 
<アトランタ主将の蹉跌>前園真聖「五輪しかないのがずっと嫌だった」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

'96年3月にマレーシアで開催されたアトランタ五輪アジア最終予選。前園はメキシコ五輪以来28年ぶりの本大会出場に大きく貢献した。

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

眼光鋭いドリブラーは五輪の重い扉をこじ開けた。だが短い栄華の後にあったのは泥沼の苦闘と大きな躓き。閉塞した才能を抱えた葛藤の先に彼は何を見つけたのか。(Number979号掲載)

 光に照らされた先には影が映る。

 光がまぶしいほど影は濃く、深くなる。

 前園真聖は自分にまとわりつく影が嫌いだった。

 5年、10年と経ち、引退しても消えない“1996年アトランタ五輪日本代表キャプテン”という肩書。

「僕はそれだけを言われるのがずっと嫌だったんです。アトランタのキャプテンと言われるってことは、その後の僕の実績はないんです。あれから2005年に引退するまで10年現役を続けていたのに。そういうモヤモヤをずっと感じていた」

 前園は28年ぶりの五輪出場を果たしたU-23代表のエースであり、ブラジルを破った「マイアミの奇跡」の中心にいた。そのプレースタイルは幼少時代からマラドーナに憧れて身につけたもの。足に吸いつく細かなボールタッチで、密集地帯を軽々と抜けていく。そこからフィニッシュに持ち込むことも、スルーパスを通すこともできた。ドリブラーにはとかく天才の形容がつきものだが、当時の前園もゴール前で違いを生み出せる特別なドリブラーだった。

「今でいうバイタルエリアやスペースのないところでプレーするのが好きで、そこでいかにボールを受けて前を向くかをいつも考えていた。ドリブルはどこで使えば相手の脅威になるかの選択が大事。僕は長い距離でなく、20mぐらいが速いタイプなので、緩急やリズムはすごく意識していた」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3356文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 天才伝説。

Sports Graphic Number 979

日本サッカー 天才伝説。

 

前園真聖
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ