プレミアリーグの時間BACK NUMBER

エジルは再びハッピーになれるか?
良き羊飼いエメリの起用法に注目。

posted2019/02/26 11:00

 
エジルは再びハッピーになれるか?良き羊飼いエメリの起用法に注目。<Number Web> photograph by Getty Images

屈指のプレーメイカーとしてアーセナルを引っ張り続けたエジル。エメリ監督はその能力を引き出せるのか。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 人名とは、時として皮肉なもの。2019年のメスト・エジルも、その一例だ。トルコ系の血を引くアーセナルMFの「メスト」という名には、同国の言語で「ハッピーな人間に」との願いが込められているらしい。

 ところが、10番を背負うプレーメイカーは、ウナイ・エメリ新体制下でチームの攻撃を組み立てる以前に、ピッチに立つことすら許されなくなってきた。

 年明けから1カ月半で行われた計9試合で、先発は1試合のみ。途中出場も1試合しかなかった。

 それでも、チーム1の高給取りなのだから「ハッピー」に違いないという見方もある。1年ほど前にクラブは年俸アップを含む3年半契約を与えた。指揮を執っていたアーセン・ベンゲルは前監督としての立場で「ぬるま湯のような環境を与えてしまったかもしれない」とも発言している。

 だが、たとえ1週間で35万ポンド(約5千万円)を稼ぐ身であっても、サッカー選手はサッカー選手だ。才能を発揮する機会が乏しい当人は、マントまで身につけていながら空を飛ぶことを許されないスーパーマンのような心境ではないだろうか?

ベンチ外は理解できないの声も。

 解説者のティム・シャーウッドの言葉を拝借すれば、練習するだけのエジルは「豪勢なジム通いの日々」ということになる。

 シャーウッドはメディアで、「アーセナルの戦力は、エジルほどのクオリティでも必要としないレベルにはない。彼の起用なくしてトップ4復帰はあり得ない」とも言っている。

 アーセナルの先輩イアン・ライトもシャーウッドと同意見だ。古巣への思い入れを隠せない解説が人気のライトは、1月12日にエジル不在でウェストハムに敗れた(0-1)ロンドン・ダービーを受けて、「ベンチ外は理解できない」と悩ましげだった。中立的な立場の筆者も同感である。

【次ページ】 「謎」の試合欠場が続いた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

メスト・エジル
アーセナル
ウナイ・エメリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ