メスト・エジル 雑誌表紙

メスト・エジル 

迷走エメリ、冷遇エジル、主将軽視。問題続出アーセナルの迷宮は続く。

欧州サッカーPRESS

迷走エメリ、冷遇エジル、主将軽視。
問題続出アーセナルの迷宮は続く。

現地サポーターも懐疑的で、この空気を敏感に察知したタブロイド紙が、衝撃的な見出しで注目された。「アーセナルの新監督にジョ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2019/11/12

エジル、メンディ、フレッジ……。戦力外がチラつく瀬戸際の男たち。

欧州サッカーPRESS

エジル、メンディ、フレッジ……。
戦力外がチラつく瀬戸際の男たち。

マンチェスター・シティはウェストハムを5-0で叩きのめした。リバプールに1-4の敗北を喫したとはいえ、チャンピオンシップ(2… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2019/08/21

アーセナルにとっては最悪の夏か。補強は若手中心、主将は移籍志願。

欧州サッカーPRESS

アーセナルにとっては最悪の夏か。
補強は若手中心、主将は移籍志願。

うまくいっていない。八方塞がりだ。アーセナルが、最悪の夏を過ごそうとしている。補強費は4500万ポンド(約60億円)しかない。… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2019/07/21

W杯優勝に導いた3人に引退通告。過渡期を迎えるドイツ代表とレーブ。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

W杯優勝に導いた3人に引退通告。
過渡期を迎えるドイツ代表とレーブ。

ある意味、メスト・エジルは正解だったのかもしれない。ロシアW杯直前、トルコ大統領への表敬訪問に端を発する騒動で、DFB(ドイ… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

海外サッカー

2019/03/13

エジルは再びハッピーになれるか?良き羊飼いエメリの起用法に注目。

プレミアリーグの時間

エジルは再びハッピーになれるか?
良き羊飼いエメリの起用法に注目。

人名とは、時として皮肉なもの。2019年のメスト・エジルも、その一例だ。トルコ系の血を引くアーセナルMFの「メスト」という名に… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2019/02/26

エジルの正統後継者は文武両道。ハフェルツの市場価値が爆上がり。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

エジルの正統後継者は文武両道。
ハフェルツの市場価値が爆上がり。

2018年夏、ドイツのドミノチームがフランクフルトで世界記録に挑戦していた。しかし、そのチャレンジは失敗に終わる。 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

海外サッカー

2019/01/01

アーセナルが遂に氷河期を脱出?エメリ新体制下での進化の数々。

プレミアリーグの時間

アーセナルが遂に氷河期を脱出?
エメリ新体制下での進化の数々。

9月20日に、ロンドン出張中の知人を連れてアーセナルのヨーロッパリーグ(EL)戦を観に行った。外壁にクラブ・レジェンドの面々… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2018/09/29

アーセナルでエメリが探す新布陣。ガードは不安でも4-3-3が最適か。

欧州サッカーPRESS

アーセナルでエメリが探す新布陣。
ガードは不安でも4-3-3が最適か。

マンチェスター・シティとチェルシーに敗れ、ウェストハムとカーディフには勝利を収めた。第4節を終えて2勝2敗。新生アーセナル… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2018/09/07

“ハーフ”アスリート増加の一方で。日本が本当に多様化するためには。

Overseas Report

“ハーフ”アスリート増加の一方で。
日本が本当に多様化するためには。

ここ数年、一般的に「ハーフ」と呼ばれるアスリートが日本に増えている。'90年代前後から仕事や留学、旅行などで日本を訪れる外… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

その他スポーツ

2018/08/11

W杯早期敗退とドイツ国民の振る舞い。一見サバサバでも本心はガッカリ?

ロシアW杯PRESS

W杯早期敗退とドイツ国民の振る舞い。
一見サバサバでも本心はガッカリ?

一時帰国していた日本からドイツへ戻りました。自宅のあるフランクフルトに着いたのは、6月23日の夜8時。搭乗機が滑走路に降り立… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2018/07/14

史上初のGL敗退を喫したドイツ。再建に必要なのはエジルとの別れか。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

史上初のGL敗退を喫したドイツ。
再建に必要なのはエジルとの別れか。

まずは、自分の目が節穴だったと認めなければならない。グループFの2戦目(対スウェーデン)後に執筆した当コラムで「新リーダー… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

海外サッカー

2018/07/11

トルコ系ドイツ人のギュンドガン。自国サポのブーイングと“寛容性”。

ブンデス・フットボール紀行

トルコ系ドイツ人のギュンドガン。
自国サポのブーイングと“寛容性”。

巷はロシアワールドカップの話題で溢れている……と思っていたのですが、久しぶりに日本へ帰国してみると、何だか静かな雰囲気が… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2018/06/15

ベンゲルが、こんなに嫌われてる!?辞任すべき理由を全部並べてみた。

フランス・フットボール通信

ベンゲルが、こんなに嫌われてる!?
辞任すべき理由を全部並べてみた。

フランス・フットボール誌が3月7日号からリニューアルを果たした。ヨーロッパ4大リーグやチャンピオンズリーグなど国際面がより… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

海外サッカー

2017/03/16

EUROのサッカーは標準化しているか。抗うのはドイツ、スペインら数カ国。

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~

EUROのサッカーは標準化しているか。
抗うのはドイツ、スペインら数カ国。

標準化、多様化、固有化――。ヨーロッパの代表チームはこの先、どの道へ突き進むのか。ベスト8が出揃った今大会のEURO(ヨーロ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

2016/07/01

育成力に勝るのは部活か、ユースか。ドイツが出した答えは部活だった!?

フットボール“新語録”

育成力に勝るのは部活か、ユースか。
ドイツが出した答えは部活だった!?

育成が優れているのは高校の部活か、それともユースか。日本サッカー界において、常に投げかけられる問いだ。この問いにおそらく… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2015/09/10

トレーナー・西本直が解説する、中田英寿や本田圭佑の「背中」。

フットボール“新語録”

トレーナー・西本直が解説する、
中田英寿や本田圭佑の「背中」。

ブラジルW杯に向けて、ぜひ紹介したい「サッカーの見方」がある。選手が走っているとき、ドリブルしているとき、シュートを打つ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/04/14

超過密日程の2月を前に悲観論噴出。それでも優勝候補はアーセナルだ!

プレミアリーグの時間

超過密日程の2月を前に悲観論噴出。
それでも優勝候補はアーセナルだ!

今季のアーセナルには、何かと予想外が多い。ホームでアストンビラとの開幕戦に負けるべくして負け、9季連続無冠の阻止は前途多… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2014/02/07

エジル、ジルーに感じた別格の“個”。吉田麻也が「精悍」になった理由。

欧州サムライ戦記

エジル、ジルーに感じた別格の“個”。
吉田麻也が「精悍」になった理由。

ホテルのロビーに姿を現した吉田麻也の表情は、たった2時間前まで激しい戦いの場にいたとは思えないほど、すっきりとしていた。… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

海外サッカー

2014/01/31

CL決勝トーナメント見所総まとめ。大規模監督交代が生んだ因縁を読む。

オフサイド・トリップ

CL決勝トーナメント見所総まとめ。
大規模監督交代が生んだ因縁を読む。

近年例を見ない一連の監督交代劇から約半年、CL決勝トーナメント抽選会の時期がやってきた。12月16日に行なわれたこの抽選会は、… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

海外サッカー

2013/12/17

「シンジ、マドリーに来ないか?」モウリーニョが香川を誘った日。

サッカーの尻尾

「シンジ、マドリーに来ないか?」
モウリーニョが香川を誘った日。

インタビューをしていると、時として思いがけない発言に出くわすことがある。こちらがまったく予期していなかったことを話し始め… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

海外サッカー

2013/11/14

ページトップ