アーセナル 

過去にペップも「2度目だ!」と激怒…プレミア「VAR損得ランキング」 一番の被害者はどこ?

欧州サッカーPRESS

過去にペップも「2度目だ!」と激怒…プレミア「VAR損得ランキング」 一番の被害者はどこ?

「僕はただ普通にフットボールがしたいだけなんだ」7月にプレミアリーグのカップを掲げたジョーダン・ヘンダーソン(リバプール… 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2021/01/26

プレミアの“消えた天才”たちの今 素行不良でマンU→渡り鳥人生、計4年離脱した“ガラスの足首”…

欧州サッカーPRESS

プレミアの“消えた天才”たちの今 素行不良でマンU→渡り鳥人生、計4年離脱した“ガラスの足首”…

彼らの才能を見出したのは言わずもがな、クラブに数々の栄光をもたらしたサー・アレックス・ファーガソン。その歴史上最も偉大な… 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2021/01/23

【プレミア冬の移籍市場】コロナ+ブレグジットで、話題は余剰戦力放出&バーンリー買収だけ?

欧州サッカーPRESS

【プレミア冬の移籍市場】コロナ+ブレグジットで、話題は余剰戦力放出&バーンリー買収だけ?

新型コロナウイルスの猛威により、メガクラブから中小クラブまでが経済的に甚大なダメージを負っている。冬の市場の特徴とも言う… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2021/01/13

ベンゲル「名古屋で過ごした自分がいたからこそ、アーセナルでの私が存在した」 【独占インタビュー】

欧州サッカーPRESS

ベンゲル「名古屋で過ごした自分がいたからこそ、アーセナルでの私が存在した」 【独占インタビュー】

ベンゲル:複数の文化を吸収することは可能だと思うが、絶対的な条件が1つある。自ら進んで理解し合う心構えが必要だ。 続きを読む

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

海外サッカー

2021/01/05

年末年始恒例“プレミア超過密日程” 「ビッグ6」の難易度を★5つで評価すると…最もツラいのは?

欧州サッカーPRESS

年末年始恒例“プレミア超過密日程” 「ビッグ6」の難易度を★5つで評価すると…最もツラいのは?

2010年代のプレミアを牛耳ってきた「ビッグ6」にとっては、明暗がはっきり分かれる展開だが、来たる過密日程はこれまでの流れを… 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2020/12/26

絶不調アーセナルと週給4900万円の“生きた化石”エジル 古典的ナンバー10にもう出番はないのか

プレミアリーグの時間

絶不調アーセナルと週給4900万円の“生きた化石”エジル 古典的ナンバー10にもう出番はないのか

2度目の全国的ロックダウンが終わったイングランドでは、3段階に分けられた地域や都市のコロナウィルス感染レベルに応じて、プレ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/12/15

不安露呈プレミア6強が低調 最強の伏兵レスターが優勝しても“おとぎ話再現”ではない理由

欧州サッカーPRESS

不安露呈プレミア6強が低調 最強の伏兵レスターが優勝しても“おとぎ話再現”ではない理由

9試合を消化した今季のプレミアリーグ。11月23日時点のビッグ6を整理してみよう。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/11/25

アーセナル?リバプール? 日本で1番人気のプレミアクラブは…都道府県別に調べてみた<マンU好きの2県も…>

欧州サッカーPRESS

アーセナル?リバプール? 日本で1番人気のプレミアクラブは…都道府県別に調べてみた<マンU好きの2県も…>

永遠のテーマが『結局日本ではどのチームが一番人気なのか』というものだ――00年代後半あたりからアーセナルが徐々に勢いを伸ば… 続きを読む

山中拓磨Takuma Yamanaka

海外サッカー

2020/11/21

将棋界イチのアーセナルファン・広瀬章人八段が選ぶ“歴代ベスト11” 「トップはアンリ、ボランチはセスクと…」

将棋PRESS

将棋界イチのアーセナルファン・広瀬章人八段が選ぶ“歴代ベスト11” 「トップはアンリ、ボランチはセスクと…」

中学校のころからアーセナルの試合を見続けている広瀬章人八段に歴代ベストイレブンを選んでもらった。 続きを読む

君島俊介Shunsuke Kimishima

将棋

2020/11/16

「将棋の銀はボランチに似ています」広瀬章人八段に解説してもらった“将棋とサッカーの共通点”

将棋PRESS

「将棋の銀はボランチに似ています」広瀬章人八段に解説してもらった“将棋とサッカーの共通点”

「将棋の戦術の話になりますが、銀って“ボランチ”に例えられやすいんです。攻守兼用でトドメを刺すこともありますし、守備で活… 続きを読む

君島俊介Shunsuke Kimishima

将棋

2020/11/16

将棋界イチのアーセナルファン・広瀬章人八段に聞く「アーセナル好きのきっかけは?」「毎週試合見てますか?」

将棋PRESS

将棋界イチのアーセナルファン・広瀬章人八段に聞く「アーセナル好きのきっかけは?」「毎週試合見てますか?」

「将棋関係者でサッカーが好きな方は多いのですが、いまもアーセナルファンはほとんどいないです。知る限り棋士では私だけですね… 続きを読む

君島俊介Shunsuke Kimishima

将棋

2020/11/16

レアルで腐ってたベイルが超楽しそう トッテナム&アーセナルの北ロンドン勢が補強勝ち組に

欧州サッカーPRESS

レアルで腐ってたベイルが超楽しそう トッテナム&アーセナルの北ロンドン勢が補強勝ち組に

やはり、ベイルには期待せざるをえない。トッテナム復帰後、笑顔が弾けている。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/10/23

プレミア移籍市場・通信簿 チアゴにベイル、ハバーツ…BIG6以上に大成功したのは?

球体とリズム

プレミア移籍市場・通信簿 チアゴにベイル、ハバーツ…BIG6以上に大成功したのは?

結局、今回のプレミアリーグの移籍市場は、パンデミックの影響をほとんど感じさせなかった。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/10/21

「なぜ新生アーセナルはゴールキックを右に展開する?」戸田和幸が語る“アルテタ監督の頭の中”

Number Ex

「なぜ新生アーセナルはゴールキックを右に展開する?」戸田和幸が語る“アルテタ監督の頭の中”

試合中には、数多くのセットプレーがあります。その中でも今、僕がとても注目しているのがゴールキックです。 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

海外サッカー

2020/10/15

アーセナルファンが19歳久保建英に伝えたい「エメリ監督とはサカのように付き合え!」

欧州サッカーPRESS

アーセナルファンが19歳久保建英に伝えたい「エメリ監督とはサカのように付き合え!」

そのビジャレアルに久保と同じく今年からやってきたのが新監督のウナイ・エメリだ。彼はPSG、アーセナルを経て再び母国で再び指… 続きを読む

山中拓磨Takuma Yamanaka

海外サッカー

2020/10/03

リバプール&マンC「2強時代」に割り込むのは……2020-21プレミア大展望

プレミアリーグの時間

リバプール&マンC「2強時代」に割り込むのは……2020-21プレミア大展望

昨季、2位には18ポイント、3位には33ポイントもの大差をつけたリバプールは、プレミア連覇を狙う今季も優勝の最有力候補であり続… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/09/17

FA杯制覇もアーセナルがゴタゴタ。強化部長解任に長引くエジル問題。

欧州サッカーPRESS

FA杯制覇もアーセナルがゴタゴタ。
強化部長解任に長引くエジル問題。

選手とミケル・アルテタ監督は太い絆で結ばれ、アーセナルは2020-21シーズンを意気揚々と迎えるはずだった。しかし……。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/08/25

プレミア“真夏の移籍市場”が熱い!マンUが狙うサンチョ、クリバリー。

プレミアリーグの時間

プレミア“真夏の移籍市場”が熱い!
マンUが狙うサンチョ、クリバリー。

当初は遅くとも9月頭には閉まるはずだった今夏の移籍市場も、7月27日にオープンしたばかり。10月16日が最終日となるが、最後の12… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/08/19

マンCの通常運転、黙祷、BLM運動。悲劇も差別も乗り越えプレミア再開。

プレミアリーグの時間

マンCの通常運転、黙祷、BLM運動。
悲劇も差別も乗り越えプレミア再開。

サッカーはサッカー。そして、プレミアリーグはプレミアリーグ。6月17日に訪れた今季の再開は、イングランド庶民が抱いていた「… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/06/21

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、モウにファギー、3名将の天下争い。

欧州サッカーPRESS

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、
モウにファギー、3名将の天下争い。

当時のユナイテッドは、ロイ・キーンが内部批判を繰り返し、ルート・ファンニステルローイとファーガソンの確執が表面化。流れは… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/20

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ