Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<プロフェッショナル解説>
西岡利晃「PFPボクサーはここがすごい!」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/01/29 17:00

<プロフェッショナル解説>西岡利晃「PFPボクサーはここがすごい!」<Number Web> photograph by Getty Images

'11年マルケス戦は日本人初のアメリカ本土での防衛成功だった。

PFPという概念をご存じだろうか? 本場アメリカで評価されているボクサーについて、日本人の誰よりも「世界を知る男」が徹底解説。

 パウンド・フォー・パウンド(PFP)とはアメリカの老舗ボクシング雑誌「リング」が作った、異なる階級のボクサーの強さを比較するためのランキングです。月に一度更新され、最新版では9位に山中慎介がランクインしています。

 現在1位にランキングされているのは、スーパーフライ級のローマン・ゴンサレス。日本でも「ロマゴン」の愛称ですっかりお馴染みですが、軽量級の選手でここまでの評価を得られるというのはすごいことです。なめらかなコンビネーションで、相手が倒れるかレフェリーがストップするまで手が止まらない。距離の詰め方が素晴らしく、いつの間にか相手の懐にもぐり込んでしまう。簡単そうで、なかなかできない芸当です。圧倒的な攻撃力で相手の長所を封じてしまう強さを持っています。

 2位のアンドレ・ウォードは、アテネ五輪の金メダリストだけあってポイントを取るのが非常に上手い。ジャッジは1ラウンド毎にどちらの選手が有利かを採点していきます。ウォードは試合の中でいつもジャブを忘れないんですね。これは長いアマチュア経験により、身体に染みついているものでしょう。このジャブによって際どいラウンドもリングジェネラルシップ(主導権支配)を得ているのだと思います。

 アマチュア上がりということでは、オリンピック2大会連続金メダルのワシル・ロマチェンコもPFP1位を狙える逸材です。常に相手にプレッシャーをかけてカウンターを狙う。しかも打ったあとに一瞬で目の前から消えるので、相手はどこから打たれているのかわからなくなると思います。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 683文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ボクシング総力特集>最強は誰だ。
西岡利晃
ローマン・ゴンサレス

ボクシングの前後の記事

ページトップ