SCORE CARDBACK NUMBER

若手ボクサーが続々台頭。沖縄ブームの復活なるか。~20年以上世界王者が出ていない土地で、何が?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2017/01/30 09:00

若手ボクサーが続々台頭。沖縄ブームの復活なるか。~20年以上世界王者が出ていない土地で、何が?~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

昨年5月にプロデビューした吉開。「(具志堅)用高さんみたいになりたい」と夢を語る。

 近年低迷を続けてきたオキナワン・ファイター――沖縄出身のボクサーたちが久々に注目を集めている。その先頭を走るのは以前この欄でもとりあげた比嘉大吾。デビュー以来の連続KOを「11」に伸ばし、東洋太平洋フライ級王座獲得。世界の頂点を射程にとらえている。

 これに続こうという選手もおり、暮れの全日本新人王決定戦には沖縄のジムから2選手が出場し、揃って豪快に倒して優勝。S・ライト級の吉開(よしがい)右京はMVPに選ばれ、前評判の高かったライト級の小田翔夢も5戦全KOでチャンピオンへの登龍門を潜った。


 かつて、沖縄は秀れたボクサーの供給源として有名だった。具志堅用高が沖縄初の世界王者になったのは本土復帰間もない1976年。以来この南の島から7人もの世界王者が生まれた。元々琉球空手に代表されるように、格闘技向きの人が多い。'60年代末には米軍基地内のボクシングで鍛えた上原兄弟の活躍を機に、沖縄の高校にボクシングブームが起きた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ボクシング総力特集>最強は誰だ。
比嘉大吾
吉開右京
小田翔夢
大湾硫斗
具志堅用高

ボクシングの前後の記事

ページトップ