Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<3つの名勝負で振り返る>
日本ダービー激闘録。~2001年ジャングルポケット編~ 

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph byTomohiko Hayashi

posted2016/05/25 06:00

<3つの名勝負で振り返る>日本ダービー激闘録。~2001年ジャングルポケット編~<Number Web> photograph by Tomohiko Hayashi

同年のジャパンカップで内国産3歳馬、初勝利に輝く。東京競馬場との相性がよく3戦3勝。一方、中山競馬場では全敗。

手に汗握り、度肝を抜かれ、感情をあらわに叫んだあのレース――。1年に1度の祭典の魅力が詰まった3大勝負を紹介しよう。

【2001 ジャングルポケット】史上最強世代のスリリングな闘い。

 今年の三冠戦線は史上最高レベルと言われているが、それと比較されるのが'01年のクラシックである。オールドファンから見れば、トウショウボーイ、テンポイント、クライムカイザー、グリーングラスの'76年組さえ凌いだ、史上最強世代だとも言える。

 2歳のときからレベルの高さが話題になっていた世代だった。アグネスタキオン、ジャングルポケット、クロフネの3頭が戦ったラジオたんぱ杯3歳ステークス(当時)は並みのGIよりもずっとハイレベルの2歳重賞として“伝説”のように語られている(思えば3頭が顔を揃えたのはこのレースが最初で最後だった)。

 3頭につづく馬も逸材が揃っていた。皐月賞、ダービーとも2着のダンツフレーム。皐月賞の前に故障してしまったが、きさらぎ賞、スプリングステークスに勝って4戦4勝のアグネスゴールドは例年ならば大本命になる馬だ。血統面での評価も高かったミスキャスト(プリンシパルステークス1着後に故障)やボーンキング(京成杯1着、ダービー4着)はうまれた時代が悪かったとしか言いようがない。

 ただ、これだけレベルの高い馬が揃えば当然レースは厳しくなり、成長途上の3歳馬には負担も大きくなる。4戦4勝で皐月賞馬となったアグネスタキオンも皐月賞の17日後に故障が判明する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 918文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ダービー 栄光の瞬間。

Sports Graphic Number 902

日本ダービー 栄光の瞬間。

 

ジャングルポケット
角田晃一

競馬の前後の記事

ページトップ