Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<トルネードコラム>
トミー・ラソーダ「“アメリカの父”になろうと思った」 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/05/15 06:00

<トルネードコラム>トミー・ラソーダ「“アメリカの父”になろうと思った」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

1976年から実に20年にわたりドジャースを指揮した。監督時代の背番号「2」は永久欠番。

「ヒデーオ、ヒデーオ」

 野茂英雄を呼ぶ大声が、クラブハウスに響き渡る。声の主はドジャースのトミー・ラソーダ監督だ。

「こうして監督室に呼び入れて試合前の軽食をともにする。トミーのルーティーンのようなものですね」

 そう説明してくれたのは、今ではダイヤモンドバックスの球団社長にまで上り詰めた、当時広報アシスタントのデリック・ホール。'95年6月、ドジャー・スタジアムでのことだ。

 あれから20年。ラソーダの肩書は球団会長特別アドバイザーに変わったが、87歳になった現在もドジャースの一員、いや顔として、あの頃と変わらぬエネルギーで球団主催のさまざまなイベントでアンバサダー的な役割を果たしている。

「ヒデオと契約を交わしたとき、私はアメリカの父親になろうと思った」と、ラソーダは振り返る。

 日米野球などで過去に何度も来日し、日本野球のレベルを熟知していたラソーダは、野茂のメジャーでの活躍を確信していた。そしてその実力を発揮させるには、外国にいるという不安を取り除き、働きやすい環境を整えることが重要であると考えた。その手っ取り早い方法が「アメリカの父親」になることだった。

「一緒に時間を過ごしながら、必要なことや困ったことがないか常にチェックしていた。一番の心配はメディアの取材攻勢。特に入団直後はメディアのカーチェイスに何度も遭っていた。ひどいときは6台もの車に追い回されていたよ(笑)。私にはヒデオを守る必要があったんだ」

 監督室ではラソーダがイタリア系ということで、必ずパスタが用意されていた。

「スシを差し入れられるようなことがあっても、彼はいつもパスタを選んでいたな。私のことをリスペクトして、そうしていたと思う。シャイで気持ちの優しい男だよ。彼はいつも黙々と食べ、不平不満を漏らすことはなく、通訳を介して気持ちよくプレーしていることを強調していた。おそらく乗り越えなければならない困難がたくさんあっただろうが、それを口にすることはなかった。選手としてはもちろん、立派な人物でもあった」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

トミー・ラソーダ
野茂英雄

MLBの前後のコラム

ページトップ