Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名投手秘話>
捕手が語る運命の一球。~杉内俊哉(鹿児島実業)~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

posted2014/08/13 06:00

勝利して世にその名を轟かせた者もいれば、敗北を糧に成長を遂げた者もいる。頂点を目指す戦いの日々には、後にプロで活躍する投手の人生を左右する運命の1日があった。灼熱のグラウンドの真ん中で、彼らとミット越しの対話を続けた捕手だけが知る真実とは。

杉内俊哉(鹿児島実業)
1998年 2回戦敗退
「打たれて見えた負けず嫌いの本領」

   ◇

 その1年生は体格で目立った。

「背も高くはなかったが、それよりもまず、細い。60kgあるかないかぐらいだったと思います。その華奢なやつがボールを持つとすごくて」

 その目立つ左投手、杉内俊哉の球を森山泰は3年間受けつづけることになる。40人の1年生が卒業の年には16人になるほどの鹿児島実業の猛練習。甲子園は常連だったが、杉内たちが2年の時は勝つことができなかった。卒業後、社会人野球でプレーし、現在は日産自動車九州に勤務する森山は振り返る。


「2年の夏、ぼくはベンチに入ることができなかったんですが、杉内はメンバーに入って甲子園でも投げました。でも勝てずに初戦で敗退。そのあとからですね。杉内の練習がガラッと変わりました」

 ボールを持った練習にはほとんど時間を割かず、ともかく走る。

「まず全員がアップとしてランニングします。これもけっこう長いんですが、終わったあと、ぼくらがキャッチボールや打撃練習に入っても杉内はずっと走っていました。一番よくやっていたのがポール・トゥ・ポール。レフトとライトのポールの間を走る練習です。シート打撃のときなんかもボールに注意しながらずっとやっていました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1032文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

真夏の絆。~甲子園熱球白書~

Sports Graphic Number 858

真夏の絆。
~甲子園熱球白書~

 

杉内俊哉
鹿児島実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ