Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<冷静なるW杯デビュー>内田篤人「4年間を2分で無駄にしたくない」 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAtsushi Kondo

posted2014/06/18 06:00

<冷静なるW杯デビュー>内田篤人「4年間を2分で無駄にしたくない」<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

 髪に降り注いだ生温かい雨のしずくを、内田篤人は右手で軽く振り払っていく。

 試合後、しっかりとした足取りから「失意」を感じることはなかった。打ちひしがれることなく、彼は前を見据えてピッチを去っていった。

「ここで1つ負けてズルズルっていってしまうチームなら、そういうメンタルの選手が集まったチームだと思う。もう一回チームとして、力がグッと出せるようじゃないとダメなのかなと。せっかく4年間やってきて、(失点した)その2分で無駄にするのはもったいないですからね」

 ミックスゾーン(取材エリア)に現れた内田は、いつもと変わらない口調ながら、いつも以上に強く言葉を吐き出した。


 誰もが自分の色を出せず、混乱に陥るなかで、彼だけは90分間、冷静であり続けた。

 後半42分、日本のコーナーキックからクリアボールを拾われ、カウンターで3失点目の危機にさらされた。そこを相手ペナルティーエリア前にいた内田が全力で自陣まで戻っていき、スライディングでカットする。ジェルビーニョのドリブルのスピードを緩めさせたうえで、最後は奪い取ってしまう頭脳的な駆け引きだった。

 先を考えれば1点差と2点差では同じ負けでも意味が違ってくる。順位で勝ち点が並ぶ際、得失点差で差し切ることも可能になるからだ。この最後の“ファインプレー”が、ザックジャパンの希望の火を消さなかった。


 2度目のW杯にして、初めて大舞台のピッチに足を踏み入れた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1745文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甦れ、日本代表。

Sports Graphic Number 2014/6/25臨時増刊

甦れ、日本代表。

 

内田篤人

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ