SCORE CARDBACK NUMBER

磐田の最前線に外国人は不要。小川航基の開花宣言を待つ。~決定力が強み、と言い切る20歳を信じよう~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/07 08:00

磐田の最前線に外国人は不要。小川航基の開花宣言を待つ。~決定力が強み、と言い切る20歳を信じよう~<Number Web> photograph by Getty Images

183cmの体を使いこなし、多彩な形でゴールを奪う。昨年はルヴァン杯の最年少ハットトリック記録を更新した。

 自分の強みは決定力――。いくら点を決めるのが仕事とは言え、ここまでストレートに言えてしまう選手も少ないだろう。それが20歳の若者なら、なおさらだ。

 小川航基(ジュビロ磐田)である。

 プロの門をくぐって3年目。2年後の東京オリンピックでメダルを狙う「五輪世代」の逸材だ。そんな期待のスピアヘッドが、いよいよブレイクの兆しをみせている。

 2月に消化したJクラブとの練習試合では3戦4発。ノーゴールに終わった試合が一つもない。しかも、1試合の出場時間は最長でも40分に満たなかった。なるほど本人が胸を張るとおりの決定力である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 591文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小川航基
ジュビロ磐田

Jリーグの前後のコラム

ページトップ