“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高木俊幸、善朗、大輔3兄弟の宿命。
「将来は3人全員J1の舞台で……」

posted2018/03/06 17:00

 
高木俊幸、善朗、大輔3兄弟の宿命。「将来は3人全員J1の舞台で……」<Number Web> photograph by Takahito Ando

攻守ともに献身的なプレーを続ける高木善朗。3兄弟の夢は、来季にでも実現するか?

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「大輔もトシも新天地でノビノビとやって結果も出ているので、僕も頑張らないといけない」

 今季、J2東京ヴェルディからJ2アルビレックス新潟に移籍した高木善朗は、長男・俊幸と三男・大輔から大きな刺激を受けていた。

 今年は高木家においても大きな転換期だった。

 三兄弟の長男・俊幸が浦和レッズからセレッソ大阪に移籍し、三男・大輔も東京ヴェルディからJ2レノファ山口に移籍した。高木三兄弟が1シーズンで同時に移籍するのは、今回が初めてのことだった。

 それぞれの新天地での心機一転を図る2018年。最初に結果を出したのは長男・俊幸だった。

兄弟2人が、開幕早々ゴールを決める!

 2月のゼロックススーパーカップ・川崎フロンターレ戦で、高木俊幸は64分に途中投入されると、78分にスルーパスに抜け出し、GKとの1対1で冷静にゴールを決めた。2018年公式戦初戦で、いきなり移籍後初得点を挙げて勝利に貢献したのだ。そして3月2日のJ1第2節でスタメンを飾り、43分にゴールをマーク。新戦力として着実に結果を残している。

 三男の大輔も2月25日、J2開幕戦のロアッソ熊本戦で先発すると、9分にチームの2点目をマーク。兄に続いて移籍後初ゴールを決めて、開幕戦勝利に大きく貢献した。

 一方で二男の善朗は開幕戦で76分に途中投入されたが、結果を残せぬまま終わった。

「焦りというものはありませんでしたが、自分も早く結果出したいなとは思いました。2人とも移籍してノビノビやっているように感じたし、何より今年に懸ける気持ちの強さを感じた。

 もちろん僕も今年に懸ける思いはある。逆に凄く自分の背中を押してくれたと思います」

【次ページ】 ヴェルディにはもう戻れないという覚悟

1 2 3 4 NEXT
高木善朗
高木俊幸
高木大輔
アルビレックス新潟
東京ヴェルディ
浦和レッズ
セレッソ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ