SCORE CARDBACK NUMBER

大鵬の最後の愛弟子にして“ちゃんこの達人”友鵬逝く。~北の湖の相談相手で、角界の教育係~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2017/10/25 08:00

大鵬の最後の愛弟子にして“ちゃんこの達人”友鵬逝く。~北の湖の相談相手で、角界の教育係~<Number Web> photograph by Miki Fukano

大嶽部屋にて大鵬直伝の「鶏ソップ炊き」を作る友鵬。現役時代から35年以上にわたり「ちゃんこ長」を務めた。

 昭和の古き良き相撲界を伝承する男が、またひとり去ってしまった。

 横綱大鵬が遺した「大鵬道場」――大嶽部屋所属の「世話人」、元幕下筆頭の友鵬勝尊(ゆうほう・まさたか)だ(現役時代の四股名・勇鵬)。享年60。

 世話人は相撲協会員であり、主に“ちゃんこの味の染みた”ベテラン幕下力士が、現役引退後に付く役職のひとつである。巡業各地での設営や本場所中の警備、「綱打ち」と呼ばれる横綱の綱作りも、世話人たちの手による。手掛ける仕事は多岐にわたり、まさに相撲界の“縁の下の力持ち”なのだ。

 本場所中は、力士の入場門に常駐していた「門番」で、相撲界の中で知らぬ者はいなかった友鵬。若い力士に「挨拶の声が小さいぞ!」「ゆかたの着方がだらしない。帯はこう締めるんだよ」などと、沖縄・宮古島出身のおおらかな笑顔で声を掛け、角界の教育係のような存在だった。部屋が隣接し、年齢が近いこともあり、故・北の湖理事長の良き相談相手ともなっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 492文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強は俺たちだ。~秋競馬GI頂上決戦~
友鵬
大嶽部屋

相撲の前後の記事

ページトップ