SCORE CARDBACK NUMBER

年間最多勝ち点からの転落。ミシャレッズ崩壊の要因とは。~そもそもビッグクラブ向きの監督ではなかった?~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/08/14 08:00

年間最多勝ち点からの転落。ミシャレッズ崩壊の要因とは。~そもそもビッグクラブ向きの監督ではなかった?~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

札幌戦の翌日、ペトロヴィッチ監督と杉浦大輔通訳兼コーチを解任した浦和。後任には堀孝史コーチが昇格した。

 浦和レッズが、ミシャことミハイロ・ペトロヴィッチ監督を解任した。

 7月29日の19節、下位の札幌を相手に0-2と敗れ、今季9敗目。この日も事態を好転させる兆しが見えないままだった。45得点はJ1最多。反面、失点36はワースト2位タイだ。直近5試合に限れば4失点が2回もある。順位が8位に落ち込むのも無理はなかった。

 そもそも窮地を脱する手立ては、そう多くはない。やり方を変えるか、人を代えるか。ミシャはどちらもできずに終わった。何度も同じミスを繰り返して失点を重ねる守備陣が「既得権益層」と化していた感もある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園ライバル伝説。

Sports Graphic Number 933

甲子園ライバル伝説。

 

浦和レッズ
ミハイロ・ペトロヴィッチ

Jリーグの前後の記事

ページトップ