SCORE CARDBACK NUMBER

ベテランか新鋭か――。激化する“世代間競争”。~フェデラーを筆頭に30代が衰えず、10代は苦戦中~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/09/03 08:00

ベテランか新鋭か――。激化する“世代間競争”。~フェデラーを筆頭に30代が衰えず、10代は苦戦中~<Number Web> photograph by AFLO

フェデラーは準決勝で今季好調のアンディ・マリーも撃破。大会史上最多の7度目の優勝。

 全米前哨戦、シンシナティ大会はロジャー・フェデラーが制した。得意の高速サーフェスで躍動、決勝でノバク・ジョコビッチを圧倒した。観客席には6歳になる双子の娘たち。4人の子を持つ34歳だが、プレーは若々しかった。

「1週間、試合をこなしたけれどまだまだ元気だよ。どちらかというと短い試合が多かったからね。よく動けたし、前に入って攻めることができた」

 優勝でランキングを2位に戻したフェデラーは上機嫌で大会を振り返った。


 長い現役生活を楽しむ選手はフェデラーだけではない。例えば、今年2月22日はさしずめ“三十男の日”だった。この日行なわれたツアー3大会の決勝を制したのは32歳のダビド・フェレール、30歳のジル・シモンと35歳のイボ・カロビッチ(年齢は当時)。フェレールは翌週も連続優勝と気を吐いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ロジャー・フェデラー
ノバク・ジョコビッチ
ダビド・フェレール

テニスの前後のコラム

ページトップ