SCORE CARDBACK NUMBER

マンCで続く若手の流出は、
真のビッグクラブになった証。
~出場機会がなければ、有望株は逃げる~

posted2019/01/23 06:00

 
マンCで続く若手の流出は、真のビッグクラブになった証。~出場機会がなければ、有望株は逃げる~<Number Web> photograph by Getty Images

レアル・マドリーのペレス会長と並び、入団会見をするディアス。16歳でマラガからマンCのアカデミーに移籍。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 グアルディオラの顔に浮かんでいたのは諦めの表情だった。

「ディアスには残ってほしいが最終的には彼が決めること。サンチョやフィル・フォデンのように大事に育ててきたが、若手の流出は起こりうる。かつてセスクがバルサを出てアーセナルに行ったように」

 マンチェスター・シティはいま新たな悩みを抱えている。有望な若手タレントの流出だ。

 1月、アカデミーの有望株でグアルディオラも期待をかけていたブラヒム・ディアスがレアル・マドリーに移籍した。ディアスは「僕には3つの選択肢があった。マドリー、マドリー、そしてマドリーだ」と喜びを語っている。シティにとっては、昨季ドルトムントに手放したジェイドン・サンチョに続く期待の若手の放出となった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マンチェスター・シティ
ブラヒム・ディアス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ