Number ExBACK NUMBER

江夏、野茂が高校野球に残した伝説。
甲子園に出ていない怪物投手たち。

posted2018/08/16 17:00

 
江夏、野茂が高校野球に残した伝説。甲子園に出ていない怪物投手たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

高校で本格的に野球を始めた江夏は、甲子園にこそ出場できなかったが直球のみで大阪大会6試合を投げ抜き、3失点の快投ぶりにプロも注目した。

text by

森田尚忠

森田尚忠Hisanori Morita

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 1966年。第48回全国高校野球選手権・大阪大会準々決勝、明星高校の4番・山東孝好は試合前に見せた大阪学院・江夏豊の柔和な表情を、今も覚えている。

「お手柔らかに頼むぞ」

 第1試合が長引いたため、両校のナインは藤井寺球場の場内で待機を命じられていた。江夏が山東に声をかけたのは、そんな時だった。

「中学の同級生が3人、大阪学院にいたので江夏のことは知っていました。礼儀正しく、どこにでもいる高校生という印象でした」

 だが、ひとたびプレーボールの声を聞くと、左腕の印象は一変する。

「とにかく速かった。低めのボールかな? という球もストライクになる。真ん中でも力で押してきた」

ストレートのみでもバントができない。

 後に明大、東京ガスで活躍した強打者も3打数無安打1三振。この試合前まで4試合36イニング連続無失点、62奪三振の力はダテではなかった。

 球種はほぼストレートのみ。カーブはまだ曲がらず、明星打線は速球1本に狙い球を絞った。制球が定まらないため6四球を選んだが、誤算はあまりの球速に機動力を封じられたことだった。2番・方喜三郎はあれほど得意だった犠打を決めることができなかった。

「キレがあるというより、ズドンと重い。あの試合だけは、バントがうまくいかなかった」

 後に東洋大で2年生からレギュラーをつかみ、2番打者として活躍した小技の達人が、それを力で封じられたのだ。

 1961年夏に全国制覇を果たした怪童の浪商・尾崎行雄が出現したことにより、大阪の強豪私学は今で言うスモールベースボールを対抗手段とした。バント、ヒットエンドラン、盗塁を駆使して本格派を切り崩す。新興のPL学園、明星などがその走りだった。

【次ページ】 6試合81奪三振は大阪大会の記録。

1 2 3 NEXT
江夏豊
野茂英雄

高校野球の前後のコラム

ページトップ