バスケットボールPRESSBACK NUMBER

ただのマッチョではありません!
千葉ジェッツ・原修太の肉体革命。 

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2018/04/20 16:30

ただのマッチョではありません!千葉ジェッツ・原修太の肉体革命。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

Twitterフォロワー数1万人突破を記念し代表の島田慎二氏とともにブースター30名を招待した飲み会も開催した原修太。

重いウエイトで鍛えているわけではない!?

「マッチョの秘密を探ろう!」

 我々の非常に安易な命題は、簡単にひっくり返された。原は力を込めて言うのだ。

「たまに『ベンチプレスばっかりやってるんでしょ』とか言われることがあるんですけど、重点を置いているのは筋肉をつけることじゃないんです。そこを勘違いしてほしくないなと」

 まさに「毎日何時間ウエイトトレーニングしているんですか?」「ベンチプレスは何kgくらい上げているんですか?」というような質問を用意していただけに、少しあわてた。

 原を含むジェッツの選手たちの体づくりを担当しているのは、ストレングストレーナーの多田我樹丸(がじゅまる)だ。

 千葉ロッテマリーンズの専属メディカルトレーナー、バスケットボール選手を中心としたパーソナルトレーナーを経て、2016-2017シーズンにチームに加入。

 人間が本来持っている四肢の連動性(キネティックチェーン)を高めることを重視し、日々のトレーニング指導に当たっている。

マンツーマンの“鬼のトレーニング”開始!

 多田は開幕当時の原の印象について、こう振り返る。

「元々出力があるタイプと言いますか、筋力もパワーも持っている選手でした。ただ体の使い方がうまくないんです。上半身と下半身の連動性も全然ないし、このままではどこかしら故障するだろうと。

 ただ、トレーニング効果が反映されやすい選手なので、時間をかけてしっかり身体を作っていけば、すごく面白い選手になるだろうなと思っていました」

 多田の見立て通りというわけではないだろうが、原は開幕直後の10月に、全治3カ月診断のケガで戦線を離脱した。

 手術を終えると、マンツーマンの鬼のトレーニングがスタート。原はほぼ毎日、それこそアウェイゲームにも帯同して多田の指導を受けた。

 30分程度で終わることもあれば、2時間以上かけてじっくり行われる日もあったという。目をつぶっての片足立ちといったバランス感覚を養うトレーニングから始まり、足の回復具合を見て、動きのあるメニューも増えていった。

【次ページ】 多田「高い出力の中で体が使えるように」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
原修太
千葉ジェッツ
多田我樹丸
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ