マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2018ドラフトの稀少な捕手を発見。
スカウト注目の上武大・吉田高彰。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/03/25 09:00

2018ドラフトの稀少な捕手を発見。スカウト注目の上武大・吉田高彰。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

近年、ドラフトにおける有力捕手の人気は上がる一方。吉田高彰も多くのチームが目をつけていることだろう。

追い込んで内角を要求するしたたかな配球。

 配球もしたたかだ。

 追い込んでから、打者の足元にしゃがめる捕手はなかなかいない。

 ただ、追い込んでからの内角攻めは、バッテリーにとっては“諸刃の剣”にもなりかねないのが辛いところだ。

 内角は、ちょっと投げ損なって中に入れば“真ん中”になって、待ってました! となるし、ひとつ間違えれば死球の怖さもある。

 一方の外角は、シュート回転で入れば真ん中だが、外に外れればただのボールで投げ直せばよく、打者もまず手を出さない。 外角はリスクが半分で済む。

 内角は、打者にとってもバットを畳み込んで体の回転を鋭く利かせてスイングしなければならない難しさを伴うが、投手にとっても高い技術を要する仕事なのだ。

 今日の上武大投手陣の力量では、追い込んでからの内角は難度の高すぎる要求だったように見えた。

 辛そうに投げていた。死球をいやがって、どうしても真ん中に寄る。そこを明治大打線が待ち構えていた。

 配球的に、「追い込んでからの内角」は正解だろう。

 打者にとっては、いちばん来てほしくないボールではあるが、果たして投手に“そこ”を突ける技術と度胸があるのかどうか。それを抑えたうえでの内角要求でないと、捕手の自己満足に終わってしまうことがある。

守備を売りにできそうな希少価値。

 ついでに、もう1つ。

 走者一塁や、一、三塁。盗塁が想定される場面で、捕球したミットを早く動かしてしまうので、今日の試合でも、投手のベストボールが3つも4つもストライクにしてもらえなかった。次の動作に早く移ろうとし過ぎて、捕球点をあいまいにしてしまっている点も併せて、上武大・吉田高彰、ディフェンスを売りにできそうな数少ない捕手だけに、なんとももったいない。

 逆に考えると、守備面にもいくつもの伸びしろを秘めた逸材として、やはり楽しみな存在なのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
長江理貴
吉田高彰
伊勢大夢
上武大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ