燕番記者の取材メモBACK NUMBER

ルーキー“第1号”を打った村上宗隆。
高津二軍監督「松井というより筒香」。

posted2018/03/26 16:30

 
ルーキー“第1号”を打った村上宗隆。高津二軍監督「松井というより筒香」。<Number Web> photograph by Kyodo News

九州学院高からドラフト1位でヤクルト入団。188cm、97kgという恵まれた体格を生かした強打が期待されている。

text by

浜本卓也(日刊スポーツ)

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

PROFILE

photograph by

Kyodo News

“持っている”“持っていない”でいえば、間違いなく前者に入るだろう。

 ヤクルトのドラフト1位村上宗隆内野手が3月18日、ソフトバンクとのオープン戦(神宮)に「9番DH」で“一軍デビュー”を飾った。神宮で新入団選手の紹介があったため、1日限りの“一軍参加”。高校通算52本塁打の大型新人を実戦で見てみたいという関心の意味合いが強いスタメン起用で、まずは強いスイングと元気の良さをアピールしてくれればオッケーで、結果はあまり重要視されていなかったように思う。

 そんな中で、村上は2本も安打を決めてみせた。1本目は2回2死、武田から遊撃内野安打。7回には直球を左前へ鋭くはじき返した。4打数2安打。「必死に食らいついた結果です。でも、まだまだ練習しないと」と謙遜したが、この日の主役は、間違いなく村上だった。

 落ち着きと長打力――。村上を評する声の大半を、この2つのキーワードが占める。1月の入寮時から、他の新入団選手とは醸し出す雰囲気が違った。通常、思い出の写真やぬいぐるみ、故郷を感じさせるものなどを持ち込むルーキーが多い。

 我々報道する側も、そのような“入寮グッズ”を持参してきてくれることを期待し、「何か持ってきましたか」といった質問で、ほぼ初対面の選手のキャラクターに触れようと試みる。

他の新入団選手よりも荷物は少なかった。

 記者が村上と会うのは、入寮日が初めてだった。「村上宗隆」がどのような人間なのか。期待感を持って、村上の部屋へと足を踏み入れた。村上が持参していたのは、使い慣れたマットレスと、真新しい冷蔵庫。思い出の品や人生のバイブル本など、目立った物は一切ない。他の新入団選手よりも荷物は少なかった。

 仕事上、これで食い下がるわけにもいかない。村上は熊本出身。熊本といえば…? 「くまモンですか!?  持ってきてないです。すみません(笑)」。熊本名産の馬刺しがパワーの源だったりとか? 「持ってきていません。馬刺しは鮮度が命なので(笑)。冷蔵庫に飲み物は欠かさないようにしたいです」。未来への夢と希望に満ちあふれた初々しい表情が入寮の風物詩だが、村上は“今”を直視していた。

「正直言うと、不安だらけです。1人暮らしも初めて。とにかく練習をするだけです。野球しかすることがないので、しっかり取り組めればと思います」

【次ページ】 背番号「55」に込められた期待感。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東京ヤクルトスワローズ
村上宗隆
高津臣吾

プロ野球の前後のコラム

ページトップ