ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

どうして鈴木みのるは大物なのか。
異色の経歴と「バルタン星人理論」。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2017/01/23 11:30

どうして鈴木みのるは大物なのか。異色の経歴と「バルタン星人理論」。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

藤原組長の両脇で鈴木みのる(右)と船木誠勝が構える。その異色のキャリアが、鈴木のプロレスラーとしての骨格を作っている。

「バルタン星人の論理」で、永遠のヒールに。

 こうしてみると鈴木は、数年周期で主戦場を変えながら、それぞれの場所でトップとして活躍していることがわかる。そして、どこに行っても一貫していることは、鈴木がヒールであり続けているということだ。

 鈴木自身はこれを「バルタン星人の論理」と呼んでいる。

「他のレスラーはみんな、その団体の“主人公”になりたがっている。ヒーロー番組で言えば、“ウルトラマン”になりたがってるんだ。でも、ウルトラマンになれるのはひとりだけだし、ウルトラセブンになれるのもひとりだけ。その時代時代の主人公になれるのは、ひとりだけなんだよ。

 そしてフリーである俺は団体のエース、つまり“ウルトラマン”にはなれない立場にいる。だったら敵役のバルタン星人になろうと思ったんだ。バルタン星人は初代の『ウルトラマン』に出てきた後、いろんなウルトラマンの敵役として出てきて、平成の新しいウルトラマンシリーズにも出てくる。要は時代も団体(番組)も超えて、いろんなヒーローの敵であり続けている。だから俺も、数年周期で各団体の“ウルトラマン”を倒しに行ってるんだ」

古き良きアメリカンプロレスの「ヒール」を今演じる。

 この鈴木の行動は、かつての古き良きアメリカンプロレス黄金時代のトップヒールレスラーの生き方にも通じる。

 現在のアメリカマットはWWEの1強時代が長く続いているが、1980年代半ばまでは、全米各地にテリトリーがあり、それぞれが独立した団体として栄えていた。ヒールレスラーはご当地のヒーローと抗争を繰り広げたあと次のテリトリーへと渡り、また新たな抗争をスタートさせる。そうすることでマンネリを回避し、ご当地のヒーローに敗れた後も軍門には降らず、戦場を変えることでトップヒールとしての“番付”を維持し続けていた。

 鈴木はいまのプロレス界における、最後の“大物フリーヒールレスラー”なのだ。

【次ページ】 大技より、ヘッドロックひとつで差を見せつける。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木みのる

プロレスの前後のコラム

ページトップ