リオ五輪PRESSBACK NUMBER

山縣、ケンブリッジ、桐生の三本柱。
4×100mリレー「38秒03」を更新せよ。
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/18 10:30

山縣、ケンブリッジ、桐生の三本柱。4×100mリレー「38秒03」を更新せよ。<Number Web> photograph by JMPA

ガトリンと並走した100m準決勝で敗退したケンブリッジ。リレーではアンカーが有力視されており、「(アンカーなら)責任重大ですね」とコメント。

北京では銅メダル、ロンドンでは4位。今回は?

 桐生は100mでは10秒23で、ただ1人予選落ちに終わった。

 その予選では、ウサイン・ボルトと同組だった。場内の異常な盛り上がり、何よりもボルトを間近にしての緊張は大きかっただろう。

 100mの3人に、200m代表の飯塚翔太、高瀬慧、藤光謙司の中から1人が加わることになる。誰がエントリーするにしても、200mで力を出し切れなかった悔いをばねにするはずだ。

 山縣はこうコメントを残している。

「リレーは、日本もメダルを狙える位置にいます。それぞれが任された区間に集中して、しっかり走りたいです」

 4×100mリレーは、オリンピックで4大会連続の決勝進出を果たしている。北京五輪では銅メダルを獲得し、ロンドン五輪でも5位入賞(後に繰り上げで4位)と好成績を残してきた。

 単純な走力での不利を補うためにバトンパスを徹底的に磨き上げ、世界でもトップクラスの技術も体得してきた。

 ボルトのジャマイカ、ガトリンのアメリカ、さらに上位を争う国々と、その技術で渡り合うことができるのか。

 決勝では、ぜひとも38秒03の日本記録を更新したいところだ。この記録が出たのは2007年のこと。今回のメンバーは、そのタイムを上回るポテンシャルを持っている。

 まずは決勝に進み、決勝の舞台で9年ぶりに日本記録を塗り替えられれば、選手たちが願う上位進出の可能性が見えてくる。

 予選は8月18日、決勝は8月19日に行われる。

関連記事

BACK 1 2
桐生祥秀
山縣亮太
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ