ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

文豪最後のルポルタージュ、人間と牛との“死の舞踏”
~ヘミングウェイ著『危険な夏』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/07/29 10:30

文豪最後のルポルタージュ、人間と牛との“死の舞踏”~ヘミングウェイ著『危険な夏』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『危険な夏』アーネスト・ヘミングウェイ著 諸岡敏行訳 草思社

 へミングウェイが生前発表した最後の作品だ。処女長編『日はまた昇る』を生み、内戦に参加し、多くの作品の舞台にしたスペインは、作者には第二の祖国だった。国技・闘牛にも魅せられていた。本書は作者最晩年の闘牛観戦ルポルタージュ、1960年「ライフ」誌に連載された。

 ヘミングウェイには旧知の二人のスター闘牛士がいた。一人はトップの地位を自認するルイス・ミゲル。もう一人がミゲルの妹の夫アントニオ・オルドネスで、以前から自分の方が義兄より偉大な闘牛士だと確信していた。その二人の対決のひと夏を作者はスペイン中を旅して追っていく。あらゆるスポーツのライバル間の競争は、人気評価のギャラの問題をも含めて、誇りをかけた技量の戦いだ。猛牛を介した二人の争いは、しだいに危険な技のエスカレーションになっていく。鋭い観察眼と繊細な心を力強いドライな文体に沈めて綴る(これでマッチョ作家と誤解される)ヘミングウェイ・スタイルの闘牛描写に酔わされる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 450文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新日本プロレス、No.1宣言。

Sports Graphic Number 882

新日本プロレス、No.1宣言。

 

関連記事

アーネスト・ヘミングウェイ

他競技の前後の記事

ページトップ