SCORE CARDBACK NUMBER

ドライバー交替に見る'15年の“新・勢力地図”。
~刷新か継続か、対照的なF1戦略~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/20 10:00

ドライバー交替に見る'15年の“新・勢力地図”。~刷新か継続か、対照的なF1戦略~<Number Web> photograph by AFLO

2010~2013年に4連覇したレッドブルから、ベッテルは「憧れのチーム」のフェラーリに移籍。

 '15年シーズンは、昨年の11チームからマルシャとケータハムが消え、9チームがエントリーの予定だ('14年12月24日現在)。グリッドに並ぶのは18台。ここまで減るのは'70年前後以来である。

 今オフ最大の話題は、アロンソのマクラーレン加入と、ベッテルのフェラーリ移籍という“大物移動”だったが、ドライバーコンビを替えたのは計5チーム。

 レッドブルは2年目のリカルドに加えて新鋭クビアトをトロロッソから昇格させ、若き「タレント路線」にシフトした。フェラーリはライコネンを残してベッテルと契約し、王者を揃えた。マクラーレンもアロンソとバトンの王者コンビで、両名門ともに「スター路線」を選んだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マクラーレン
フェルナンド・アロンソ
セバスチャン・ベッテル
フェラーリ
レッドブル
トロロッソ

F1の前後のコラム

ページトップ