フェルナンド・アロンソ 

111件中 1 - 20件を表示
2019年はF1通算1000戦イヤー。節目のレースを彩った名手列伝。

F1ピットストップ

2019年はF1通算1000戦イヤー。
節目のレースを彩った名手列伝。

2019年のF1は、大きな節目を迎える。1950年にF1世界選手権として産声をあげたF1は、'18年の最終戦アブダビGPで997戦を終えた。つ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2019/01/13

栄光を取り戻せないマクラーレン。ホンダとの離別は必然の帰結だった。【2018年 F1部門1位】

F1ピットストップ

栄光を取り戻せないマクラーレン。
ホンダとの離別は必然の帰結だった。
【2018年 F1部門1位】

2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。F1部門の第1位はこちら! 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/12/29

さらば王者。F・アロンソ、三大レース制覇へ――新たなる出帆。

Sports Graphic Number

さらば王者。F・アロンソ、
三大レース制覇へ――新たなる出帆。

最終戦アブダビGP――シーズンを勝利で締め括ったルイス・ハミルトンがヘアピンの観客スタンドの前でドーナッツターンを始めると… 続きを読む

今宮雅子Masako Imamiya

2018/12/29

レッドブル・ホンダの命運握る男、M・フェルスタッペン21歳の野望。

Sports Graphic Number

レッドブル・ホンダの命運握る男、
M・フェルスタッペン21歳の野望。

メルセデスが5冠を達成した2018年のF1シーズン。だが若き力は虎視眈々と王者への挑戦を狙っている。貴重な本人取材に基づいた雑… 続きを読む

今宮雅子Masako Imamiya

2018/12/26

王者は王者を知る。最後のアロンソにハミルトンとベッテルが示した敬意。

F1ピットストップ

王者は王者を知る。最後のアロンソに
ハミルトンとベッテルが示した敬意。

いままで見たことがない光景だった。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/12/02

セナ、シューマッハー、ハミルトン。鈴鹿GP予選に挑んだ最速の系譜。

F1ピットストップ

セナ、シューマッハー、ハミルトン。
鈴鹿GP予選に挑んだ最速の系譜。

いよいよ10月5日から、F1日本GPが三重県の鈴鹿サーキットで開催される。今年の日本GPは鈴鹿で開催される30回目の記念大会だ。幾… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/10/01

トヨタ・ハイブリッド車がル・マン制覇。「レースで使えるの?」からの12年間。

Number Ex

トヨタ・ハイブリッド車がル・マン制覇。
「レースで使えるの?」からの12年間。

24時間レースも残り30分、最後のピットを終えた8号車小林可夢偉が2番手でマシンをコースに戻した。後方には首位の7号車中嶋一貴… 続きを読む

大串信Makoto Ogushi

2018/06/19

栄光を取り戻せないマクラーレン。ホンダとの離別は必然の帰結だった。

F1ピットストップ

栄光を取り戻せないマクラーレン。
ホンダとの離別は必然の帰結だった。

F1の世界で長年、問われ続けてきた疑問がある。それは「F1マシンにおける全体的なパフォーマンスにおいて、車体とエンジン(パワ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/06/17

非情マクラーレンとホンダの涙。掌返しに耐えたスタッフの3年間。

F1ピットストップ

非情マクラーレンとホンダの涙。
掌返しに耐えたスタッフの3年間。

ホンダがマクラーレンと組んで戦う最後のレースとなった2017年アブダビGP。チェッカーフラッグが振られた瞬間、思わず涙を流した… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/12/03

<F1 CLIMAX 2017>ホンダが本当になすべきだったこと。

Sports Graphic Number Special

<F1 CLIMAX 2017>ホンダが本当になすべきだったこと。

道半ばにして終焉したマクラーレン・ホンダ。何が間違っていたのか、どうすべきだったのか。苦難に満ちたホンダの3年間を検証す… 続きを読む

今宮雅子Masako Imamiya

有料

2017/11/24

マクラーレン・ホンダ、ラスト鈴鹿!最後まで諦めなかったアロンソの意地。

F1ピットストップ

マクラーレン・ホンダ、ラスト鈴鹿!
最後まで諦めなかったアロンソの意地。

マクラーレンとパートナーを組んで2015年にF1に復帰したホンダにとって、今年の日本GPはマクラーレンと組んで戦う3回目のグラン… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/10

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。マクラーレンの批判と31年前の危機。

F1ピットストップ

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。
マクラーレンの批判と31年前の危機。

イタリアGPが開催されるモンツァは、ホンダにとって忘れることができない思い出が詰まったサーキットだ。史上最強と謳われたマク… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/09/10

佐藤琢磨を、本年のスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに推す。~インディ500の価値は日本人が想像する以上のもの~

SCORE CARD

佐藤琢磨を、本年のスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに推す。~インディ500の価値は日本人が想像する以上のもの~

インディ500はモナコGPと並び'60年まで「F1世界選手権」に組み込まれていた。マシン規定もレース規則も全く異なるが、その規模と… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/06/20

モナコGPとインディ500、同日のドラマの行方は。~F1以上のスピードにアロンソが参戦、F1側の代理はバトン~

SCORE CARD

モナコGPとインディ500、同日のドラマの行方は。~F1以上のスピードにアロンソが参戦、F1側の代理はバトン~

世界3大レースのF1モナコGPは1929年、インディ500は'11年、ル・マン24時間は'23年に始まっている。そのインディ500にF・アロンソ… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/05/20

ホンダ大不振払拭のきっかけに?パワーユニット複数供給と政治力。

F1ピットストップ

ホンダ大不振払拭のきっかけに?
パワーユニット複数供給と政治力。

ホンダが、2018年から現在のマクラーレンのほかにザウバーにもパワーユニット(PU)を供給することが発表された。ホンダの長谷川… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/05/10

異例すぎるモナコ欠場インディ参戦。アロンソの挑戦はホンダあってこそ。

F1ピットストップ

異例すぎるモナコ欠場インディ参戦。
アロンソの挑戦はホンダあってこそ。

「マクラーレンとホンダ、そしてアンドレッティ・オートスポーツとともにインディ500に出場できることを楽しみにしている」 これ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/04/23

アロンソのホンダ批判は正当なのか。マクラーレンの車体も問題が山積。

F1ピットストップ

アロンソのホンダ批判は正当なのか。
マクラーレンの車体も問題が山積。

「問題はひとつだけだ。パワーユニットだ」シーズン開幕へ向けて開かれた合同テストで、フェルナンド・アロンソが珍しく公然とホ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/03/24

ホンダが勝ち得た信頼と高性能。2017年はF1ファンの信頼回復に挑む。

F1ピットストップ

ホンダが勝ち得た信頼と高性能。
2017年はF1ファンの信頼回復に挑む。

マクラーレンとパートナーを組んで2年目となった2016年。ホンダは前年を大きく上回るパフォーマンスを披露した。前年9位に低迷し… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/01/09

鈴鹿を制する者は、世界を制する――。ロズベルグ、日本GP初勝利の意味とは?

F1ピットストップ

鈴鹿を制する者は、世界を制する――。
ロズベルグ、日本GP初勝利の意味とは?

鈴鹿を制する者は、世界を制する――シーズン終盤戦に開催されてきた日本GPでは、明暗を分けた名勝負がこれまで何度も繰り広げら… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2016/10/11

F1界最高のジャーナリストが去った。最高に危険で、最高に愛された男。

F1ピットストップ

F1界最高のジャーナリストが去った。
最高に危険で、最高に愛された男。

夏休み前、最後の一戦となったドイツGPが行われたホッケンハイムリンクで、ささやかなセレモニーが数チームのモーターホームで催… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2016/08/14

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ