マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

なぜ練習ばかりで見学しないのか。
松山で考えた、日本野球の「盲点」。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/01/01 11:00

なぜ練習ばかりで見学しないのか。松山で考えた、日本野球の「盲点」。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

日本の高校野球は、圧倒的に練習時間が長いことで知られる。逆に、プロ野球やMLBの試合を「観る」習慣がほとんどないのも気がかりだ。

お手本を見ることは、1日の練習の価値を上回る。

「そんなことより練習です!」

 そういうことおっしゃる監督さん、多いと思う。これは問題だと思う。

「ええっ! そんな合宿、やってたんですか!」

 そう残念がる監督さんもおられると思う。これも問題だと思う。

 良いお手本を間近に見ることの大切さ。

 その価値と意味は、1日の練習のそれを上回るものと私は考える。たとえば、今日。

 球児たちがこの球場を訪れ、朝9時のアップ開始からほぼ17時まで続いた練習、さらに自主練を目の当たりにしたとしたら、何を思うか。

 たとえばアップの種目の多さを見た選手は、「これほどの選手たちでも、存分に練習できる状態にするために、こんなに時間と工夫を要しているのか」と、その重要性を感じるかもしれない。

 たとえばシートノックのボール回しを見た選手たちが、「ボールというものは手でなく足から捕りにいくって、本当なんだ」と日頃の監督さんからの指導の正当性を実感できるかもしれない。

 たとえばバッティング練習で、大学生スラッガーたちのスイングスピードと飛距離を見た高校生スラッガーが、「オレの打球なんかぜんぜんすごくもなんともない……」と、現実を素直に受け入れて、明日からのさらなる精進を秘かに誓ったとしたら。

 たとえば漠然と進学希望を掲げていた選手が、学生野球のホンモノを見たことで、「オレ、明治でやりたい!」と決意し、翌日からの練習に一層の拍車がかかったら。

 いいことばっかり都合よく並べているようだが、どう考えたっていいことばかりしかないだろう。

近隣の高校に知らせていないとしたら問題がある。

 そしてまた、このような意義深い催しが行なわれていることを、近隣の高校が知らなかったとしたら、それは学生野球の側に問題がないだろうか。

 球場を開放しているのだから、せめて、市内の野球部ぐらいには告知してもよいだろう。さすれば、クチコミで県内に広がることは間違いない。

 ワッと押しかけて混乱が起きたらどうするのか。そこは観覧者の責任である。

 ましてやってくるのは、いやしくも高校野球、中学野球の現役選手とその指導者たち。当然、そうした立場をわきまえ、良識を踏まえた行動をするであろう。

【次ページ】 見学で出た疑問を、指導者と答え合わせする恩恵。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ