Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<僕はこんなものを食べてきた> 高橋大輔を甦らせた女性栄養士との「二人三食」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2011/01/21 06:01

<僕はこんなものを食べてきた> 高橋大輔を甦らせた女性栄養士との「二人三食」。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

持ち前の表現力を遺憾なく発揮したバンクーバー五輪フリーの演技

食事もトレーニングの一環。そう考えて、さらなる肉体改善のため、
栄養学の専門家にアドバイスを仰ぐアスリートは少なくない。
全治半年の重傷を克服し、バンクーバー五輪で銅メダルを獲得した
フィギュアスケーター、高橋大輔もその一人。偉業達成の舞台裏には、
彼の三食を見守り続けた女性プロフェッショナルの存在があった。

 昨年のバンクーバー五輪で、フィギュアスケートの高橋大輔は銅メダルを獲得した。日本男子初となる快挙であったが、その陰に、一人のなくてはならないスタッフがいた。栄養アドバイザーの石川三知である。華麗なステップワーク、スピン、ジャンプ、豊かな表現は、磨かれた肉体あってこそ生まれ、その肉体は、豊かな食あってこそ形成される。

 これまで荒川静香をはじめ多数のアスリートの栄養面をサポートし、現在も全日本男子バレーボールチームなどを担当する石川が高橋に初めて会ったのは、2009年1月のことだ。高橋は'08年秋に右足膝前十字靭帯と半月板を損傷し、手術を受けた。その後のリハビリの間には辛さから行方不明になることもあったが、「よし、やろう」と気持ちを取り戻した時期でもあった。

「お見合いしたんですよ」

 石川は高橋との出会いをそう表現する。

「依頼されてはいましたが、私がやろうと思っても、『なんだこの人』と感じたら、選手は私の作ったご飯を食べられないでしょう。やっぱり相性ってあると思うんですね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2713文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

僕はこんなものを食べてきた。アスリート最強の食卓。
高橋大輔

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ