ブラジルW杯通信BACK NUMBER

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。
日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/12 10:40

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。<Number Web> photograph by Getty Images

2002年の日韓W杯で日本に史上初の勝ち点、勝利、グループリーグ突破をもたらしたフィリップ・トゥルシエ。現在は中国スーパーリーグ、深セン紅鑽を指揮している。

ザックジャパンのスタメンはすぐに思い浮かぶ。

 この原稿を書いている時点で、ワールドカップの登録メンバーは発表されていない。それでも、日本のスタメンはすぐに思い浮かぶ。不確定要素を含むのは現時点でピッチから離れている吉田麻也、内田篤人、長谷部誠のポジションだが、代役を捜し当てるのは難しくない。

 コートジボワールを率いるラムシも、おそらくは同じことを考えているだろう。吉田の代わりを森重真人が務め、内田が欠場するなら酒井宏樹が右サイドを担い、長谷部の回復具合が芳しくなければ山口蛍が登場するのは、日本の映像を集めれば推測できる。ラムシだけでなく、誰にでも。

ヒディンクが感じた猜疑心と、秘策への恐怖感。

 あとひとつだけ、古いトピックを添えておきたい。

 '06年のワールドカップ初戦で対戦したオーストラリアのヒディンク監督は、日本戦が始まってすぐに「やったぜ!」と思ったという。頭のなかに貼り付いて消えなかった猜疑心が、取り除かれたからだった。

 彼が懸念していたのは、日本の前線だった。ワールドカップの4カ月前に行なわたアメリカ戦に、日本が1トップで臨んでいたからである。

 久保竜彦の1トップは機能したと言えず、その後のテストマッチは4-4-2と3-5-2を併用するパターンへ戻った。それでも、オーストラリアとタイプ的に近いアメリカ戦で1トップを試した事実は、ヒディンクの胸でしこりのように凝り固まっていた。自分の知らないところで磨きをかけ、とっておきの秘策として持ち出してくるのではないかとの疑念は、キックオフまで消えることがなかったというのだ。

 ザックことアルベルト・ザッケローニ監督のチームは、自分たちの強みをぶつけることで勝利をつかもうとしている。おそらくそれは、日本サッカーに関心を抱く者の理解を得られているはずだ。

【次ページ】 日本が情報戦を拒絶するのは、傲慢である。

BACK 1 2 3 4 NEXT
本田圭佑
長谷部誠
大久保嘉人
川島永嗣
岡崎慎司
阿部勇樹
松井大輔
吉田麻也
内田篤人
酒井宏樹
森重真人
山口蛍
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
フィリップ・トルシエ
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ