ブラジルW杯通信BACK NUMBER

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。
日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/12 10:40

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。<Number Web> photograph by Getty Images

2002年の日韓W杯で日本に史上初の勝ち点、勝利、グループリーグ突破をもたらしたフィリップ・トゥルシエ。現在は中国スーパーリーグ、深セン紅鑽を指揮している。

 真正面からぶつからなくてもいい。

 グループステージ初戦のコートジボワール戦である。

 古い記憶を掘り起こしていただきたい。

 2002年の日韓ワールドカップのグループステージ初戦で、フィリップ・トゥルシエ率いる日本がどんなサッカーをしたのか覚えているだろうか。誰もが記憶に刻んでいるのは、鈴木隆行の同点ゴールであり、一度は逆転弾となった稲本潤一のドリブルシュートのはずである。日本とベルギーが2点ずつを奪い合った後半は、ジェットコースターのようなスリルに満ちていた。

 前半の日本は?

 これといったチャンスは作っていない。

 一方のベルギーは、何度か決定的な場面を作り出している。相手のゴールに迫った回数はほぼ同じだったが、相手を脅かしたのは日本ではなくベルギーだった。

トゥルシエが仕掛けたベルギーへの「撹乱」。

 しかし、それこそが日本の狙いだった。2トップの一角を担っていた柳沢敦が、試合後にこんな話をしている。

「前半はロングボールを使ってセーフティにプレーしろ。後半はいつものつなぐサッカーをしろ、というのが監督の指示でした。そうすればベルギーは、後半もロングボールを警戒してくる。ボールをつなぎやすくなる、と」

 ベルギーが知らない姿を、意図的に見せつける。彼らが情報をアップデートしたところで、いつものサッカーへ切り替える。いまとなってはほとんど記憶に残っていない前半の攻防が、ワールドカップ史上初の勝点獲得の伏線に、そしてベスト16入りの足掛かりになっていたのである。

【次ページ】 南ア大会でカメルーンを驚かせた2つの起用。

1 2 3 4 NEXT
フィリップ・トゥルシエ
本田圭佑
長谷部誠
大久保嘉人
川島永嗣
岡崎慎司
阿部勇樹
松井大輔
吉田麻也
内田篤人
酒井宏樹
森重真人
山口蛍
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ