ブラジルW杯通信BACK NUMBER

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。
日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/12 10:40

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。<Number Web> photograph by Getty Images

2002年の日韓W杯で日本に史上初の勝ち点、勝利、グループリーグ突破をもたらしたフィリップ・トゥルシエ。現在は中国スーパーリーグ、深セン紅鑽を指揮している。

日本が情報戦を拒絶するのは、傲慢である。

 だからといって、情報戦や心理戦を否定するべきなのか。すべてを開けっ広げにしても相手を凌駕できるのは──最低でも互角以上の戦いに持ち込めるのは──ブラジルやスペインなどのトップ・オブ・トップだけである。

 世界のトップランカーではない日本が情報戦を拒絶するのは、率直に言って傲慢である。互いに手探りの部分を残す初戦は、精神的な揺さぶりをかけてもいい。

 方法論はいくらでもある。

 ワールドカップ前に行なう3つのテストマッチで、選手のポジションを入れ替えてみる。3-4-3にトライする。テストマッチの意味を損なわない範囲で、選手の位置やシステムを変えてみるのだ。

 右から本田、香川真司、岡崎慎司が2列目に並んだら──映像を入手したラムシは、リモコンの巻き戻しボタンを何度か押すことになるだろう。監督経験の浅い彼は、ヒディンク以上に気持ちを揺さぶられるに違いない。

 コートジボワールには、真正面からぶつからなくてもいい。

 少なくとも、キックオフの笛を聞くまでは。

関連記事

BACK 1 2 3 4
本田圭佑
長谷部誠
大久保嘉人
川島永嗣
岡崎慎司
阿部勇樹
松井大輔
吉田麻也
内田篤人
酒井宏樹
森重真人
山口蛍
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
フィリップ・トルシエ
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ