Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<本を読めば速く走れる?> 為末大 侍ハードラーの競技力向上本読み術。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/09/13 06:00

<本を読めば速く走れる?> 為末大 侍ハードラーの競技力向上本読み術。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono
走りについて常に追求を続けるトップアスリートは、読書に対するこだわりも超一流だ。政治経済にも関心を持ち、株式投資の自著もある彼が、日本に滞在の束の間、読書と競技の関係について語った。

 本を読んだら、速く走れるようになるか?

 この質問が本稿のテーマである。

 こんな疑問を持つようになったのは、村上春樹が『走ることについて語るときに僕の語ること』のなかで、こんなことを書いているからだ。

「僕自身について語るなら、僕は小説を書くことについての多くを、道路を毎朝走ることから学んできた。自然に、フィジカルに、そして実務的に。」

 継続的に走ることが、書く力を育てる――。

「じゃあ、今日のテーマは読書の力が競技力に直結するかってことですね」

 陸上界きっての読書家、為末大。さすがに話が早い。質問の意図をさっと理解してくれた。

「端的に言えば『ある』と思います。陸上を続けていると、自分が走ったときの身体の感覚を言葉で追いかける部分があるんです。僕は感覚的な言葉を使うことが多くて、『フェザータッチ』とか、『地面を踏むんじゃなく、叩く感じ』と表現したりする。陸上では地面に接地している0.1秒の間を表現する言葉がものすごく多いんですよ。『紙の上の水を走る』とか、『熱い鉄板の上を走るつもりで』とか僕も使いますから。当然、感じたことを正確に表現するには語彙が豊富な方が説明しやすいですし、そのためには幅広い読書が役に立つんですよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4327文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アスリートの本棚。読書が彼らを強くする
為末大

陸上の前後の記事

ページトップ