Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<FIFAマスターでの悪戦苦闘の日々> 宮本恒靖 「毎日の授業、必死ですよ」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byKai Sawabe

posted2012/11/28 06:01

<FIFAマスターでの悪戦苦闘の日々> 宮本恒靖 「毎日の授業、必死ですよ」<Number Web> photograph by Kai Sawabe
日本代表の主将まで務め、2度のW杯に出場した男が、
イギリスの地で新たなフィールドへの挑戦を始めている。
スパイクを教科書に持ち換えても、そのスタンスは揺るがない。
元日本人プロサッカー選手として初めてFIFA大学院で学ぶ彼が
改めて学問に向かう、その志と慣れない勉強の日々を語った。

 イギリス・レスター。

 移民の街、学生の街と言われるように、多国籍の学生たちで溢れている。デ・モントフォート大学内の待ち合わせ場所に宮本恒靖が歩いてきた。学生然とした雰囲気で、キャンパスによく馴染んでいる。現役時代の象徴だった日焼けもなくなった。かなり勉学に勤しんでいるのだろう、いくらか疲れも見える。

「疲れている? テスト勉強大変やったし、今日のテストもメッチャ頭使ったからね」

 宮本は、苦笑混じりにそう言った。

 昨年12月、現役引退を表明した席上、国際サッカー連盟運営の大学院「FIFAマスター」への進学を発表した。だが、大学院にどんな人が集い、何を学び、何を目指す場所なのか、詳細が今ひとつ分からなかった。渡英して数カ月、宮本はどんな学生生活を送ってきたのだろうか。

「8月に語学から始まって、カリキュラムが本格的にスタートしたのは9月。学生は24カ国から30人が参加して、女性が11人。年齢は23歳から35歳まで。自分が最年長だけど、平均は28、29歳ぐらいかな。元プロサッカー選手は過去12年間で俺だけみたいで、弁護士、元TV局員やコンサルティング会社出身とか色々いて、かなりユニークな集まりやね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州に生きる。~越境フットボーラーズ~

海外サッカーの前後の記事

ページトップ