Number on NumberBACK NUMBER

身長差を克服する泳ぎ。
~入江陵介と寺川綾のメダルの価値~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/09/07 06:00

身長差を克服する泳ぎ。~入江陵介と寺川綾のメダルの価値~<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

200m背泳ぎで銀、100m背泳ぎで銅、男子400mメドレーリレーで銀と、ロンドン五輪で3つのメダルを獲得した入江陵介。200mの決勝後には、「最後の男子リレーの自由形の選手がタッチするまで、27人の選手のリレーは終わらないです」と名言を残した。

 ロンドン五輪のあと、メダリストたちの様々な凱旋行事を通して、競泳の選手たちが、これほど多く、一般に名前を知られたことは、かつてなかったように思われる。

 競泳で、日本は戦後最多のメダル11個を獲得した。金メダルはなかったが、個人種目で7人の選手がメダルを獲ったうえに自由形以外の背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、個人メドレーと幅広く結果を残した点は価値がある。

 北京五輪では北島康介が2冠を獲得したものの、個人でメダルを獲ったのは北島、松田丈志、中村礼子という3人だけだった。金3個を含む8個のメダルを獲ったアテネ五輪でも、個人種目で獲った選手の数は6人だった。ロンドン五輪での7人というのは、世界的に見ても目立った数字だ。10個のメダルを獲得した中国も、個人でメダルを獲った選手は6人だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

入江陵介
寺川綾
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ