SCORE CARDBACK NUMBER

全米史上最難関コースを
制するための条件とは。
~全米OPでマキロイ連覇なるか?~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2012/06/13 06:00

全米史上最難関コースを制するための条件とは。~全米OPでマキロイ連覇なるか?~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

昨年の全米で大会記録の16アンダーで優勝したマキロイ。連覇に難コースが立ちはだかる。

 空中のハザードという言葉がある。通常のイメージでは、深いラフ、バンカーや池、あるいは崖、林など地上を軸に考えたハザード(障害物)があって、それらをうまく回避して攻めていく。

 ところが、今年の全米オープン(6月14日~17日)の会場となるサンフランシスコのオリンピック・クラブというコースは、空中にもハザードがあると言われているのだ。

 普段なら安全なはずのフェアウエイの上空に、右から、左からと成長しきった高い木々の枝ぶりが空中のスペースを狭くしている。選手は、その隙間をぬって、ボールが飛んでいく放物線の球筋をイメージしなければならない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 638文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ