Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<甲子園特集> 沖縄野球の目指す場所。~ふたつの名門校を訪ねて~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2009/08/04 11:30

<甲子園特集> 沖縄野球の目指す場所。~ふたつの名門校を訪ねて~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

興南高野球部グラウンド。プロ野球選手を多数輩出しており、メジャーリーグに挑戦し、横浜などで活躍したデニー友利もOBのひとり

'99年、春。初めて紫紺の優勝旗がもたらされたが、いまだ夏の優勝は叶わぬ沖縄県。なぜ彼らは、あと一歩勝ちきることが出来ないのか。
古豪の練習と地方大会を密着取材。島国ならではの問題――。そのひと言だけでは片付けられない、課題と魅力が確かに見えてきた。

 こん、ちわー。

 遥か彼方の選手たちが一斉に帽子を取って頭を下げる。陽射しが照り返して、眩い眼下のグラウンドには、真っ白なユニフォームを着た130人の野球部員が散らばっている。

 こん、ちわー。

 こん、ちわー。

 ちわー、ではない。こん、ちわーなのだ。こん、が遠くからでもハッキリと聞こえる。高校球児は、ちわー、とか、ちわーす、だと思っていたのに、興南球児は全員が、こん、ちわー、だったので、やけに新鮮だった。

 レフト側にある体育館の脇から、かなりの段数がある石段を下りきったところに、グラウンドはある。監督はどこだろう。そう訊ねると、一人の野球部員が教えてくれた。

「監督は、いつものところです」

 彼が帽子を持ったままの右手で指し示したセンターの方向を見てみると、レフトからセンターにかけて観客席のように横たわる石段の最上段に、古ぼけたスコアボードがあった。その前にイスが一つ、置かれている。そのあたりは、木陰になって陽射しが届かない。風通しもよく、涼しそうだ。

「あそこは、監督の特等席です(笑)」

 興南高校は、沖縄・那覇の新都市地区を見渡せる高台にある。眼下にグラウンドを見渡せる特等席に、我喜屋優監督は足を組んで座っていた。背筋がピンと伸びていて、とても還暦が近い歳には見えない。容赦のない陽射しの中、センター最上段の特等席まで、ぜえぜえと息を切らして上っていった。すると、我喜屋監督が声を掛けてくれる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6319文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[高校野球 名勝負列伝]甲子園が揺れた夏。
興南高校
沖縄水産高校

高校野球の前後の記事

ページトップ