SCORE CARDBACK NUMBER

“秀才型”スラッガー、
横浜・筒香が与えたインパクト。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byAkane Ohara

posted2009/08/05 06:00

“秀才型”スラッガー、横浜・筒香が与えたインパクト。<Number Web> photograph by Akane Ohara

弱点とされた外角打ちも会得し、打撃に穴はない。強肩を生かしたサードの守備も鉄壁だ

 夏の甲子園大会の地区予選を振り返ってみると、横浜高校の主砲・筒香嘉智(三塁手・右投左打)の充実ぶりに目を奪われた。神奈川大会では準々決勝で優勝した横浜隼人に延長の末に惜しくも破れたが、高校通算69本塁打は立派である。

 地区予選前、6月14日の銚子商戦から7月8日の横浜商大戦までの練習試合で放った本塁打は8本。みごとなハイペースだった。さらに目を奪われるのが対戦相手の顔ぶれで、銚子商、東海大浦安、常葉菊川、東海大甲府、花咲徳栄など甲子園の常連校が続く。63号は常葉菊川の萩原大起、65号は東海大甲府の快速球左腕・渡辺圭、66号は花咲徳栄の五明大輔という具合に、高校球界でも名前が知られた本格派から打ってきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 661文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[高校野球 名勝負列伝]甲子園が揺れた夏。

関連記事

筒香嘉智

高校野球の前後の記事

ページトップ