SCORE CARDBACK NUMBER

伏兵の優勝を生んだコース設定の難しさ。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2007/07/12 00:00

伏兵の優勝を生んだコース設定の難しさ。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 今年の全米オープンが開催されたオークモントCCが、モンスター(怪物)と呼ばれてきたのは、200個以上のバンカーや深いラフ、そして、621ヤードのパー5があったからだ。いまの改良されたクラブやボール、身体能力ならば理解できるが、この長さは、1927年の全米オープン時のものである。その後、'94年の全米オープンのときは、598ヤードになったが、今年は、再び632〜667ヤードというとてつもない長いパー5になった。

 この35ヤードの差は、4日間のティーグランドの位置によって変わる。8番ホール、パー3も同じ仕組みで252〜288ヤードだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ