SCORE CARDBACK NUMBER

史上最年少優勝を喜ぶだけでよいのか。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2007/06/14 00:00

 15歳、高校1年生になったばかりの石川遼君が、男子プロツアーのマンシングウェアオープンKSBカップで優勝した。

 アマチュア選手がプロ競技で優勝するというのは過去にもあって、1980年、倉本昌弘が中四国オープンで優勝している。もっとさかのぼれば中部銀次郎さん(故人)が、'67年に西日本サーキットで優勝したことがあり、倉本はそのシーンを見ていたそうだ。

 今回、石川君がアマのため賞金を受け取れず、優勝賞金2000万円を2位の宮本勝昌が受け取ったことが話題になったが、中部さんの頃は違った。アマ選手が上位に入っても、その賞金はプロ選手にいかない。だから、上位で優勝争いでもしようものなら、あからさまに「俺たちの商売を荒らすなよ」と言われたそうだ。「その一言には、まいった」と中部さんが話していたことを思い出した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ