SCORE CARDBACK NUMBER

プレーオフで敗れた天才ガルシアの葛藤。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2007/08/09 00:00

プレーオフで敗れた天才ガルシアの葛藤。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 その技量は一流で、生まれながらの闘争心も誰もがタイガー・ウッズと匹敵するか、それ以上と認める。スペイン出身で、ついこの間、引退宣言をしたセベ・バレステロスやその後継者といわれたホセ・マリア・オラサバルの二人が、21世紀を担う後継者として認めているし、まるで末っ子の弟のように可愛がっている。それがセルヒオ・ガルシアだ。

 ガルシアは、全英オープン3日目を終えて通算9アンダーの単独首位に立ち、今度こそメジャータイトルを獲るだろうと思っていた。けれども、最終日の前半にボギーを連発し、アイルランドのパドレイグ・ハリントンに追いつかれて4ホールのプレーオフ。そのプレーオフでも最初のホールで、2打差をつけられ、それを縮めることができずに2位となった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

セルヒオ・ガルシア

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ