SCORE CARDBACK NUMBER

格闘技全盛時代にプロレス誌の未来は? 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2005/05/26 00:00

格闘技全盛時代にプロレス誌の未来は?<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 かつては総合週刊誌並みの発行部数を誇ったと言われるプロレス専門誌の不振がここのところ続いている。昭和30年に創刊された『週刊プロレス』をはじめ『週刊ゴング』など専門誌の公称部数は40万部前後だが、実売数は軒並み平均5〜6万部に落ち込んでいる。アントニオ猪木やタイガーマスク、UWF系が一大ムーブメントとなった時代を鑑みれば、団体は分裂または細分化され、選手たちの“顔”がいまいち見えない状況となり、テレビ放送は深夜枠に……という具合で、これではプロレス誌の部数が落ちるのもうなずける。

 対照的に隆盛をきわめるのが格闘技。大みそかのチャンネルを独占し、5月4日に行なわれたK―1MAXは平均視聴率20%を超えた。となれば、さぞかし格闘技専門誌である『格闘技通信』や『ゴング格闘技』は売れているんだろう、と思いきや……。実はプロレス誌は強かった! 出版関係者によれば、格闘技誌の実売数はプロレス誌の3分の1程度。しかも格闘技誌は月2回発行や月刊であることを考えれば、週刊であるプロレス誌の購買者の多さに驚かされる。プロレスファンはまだまだ多いのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 434文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州クライマックス]勝者の条件。

プロレスの前後の記事

ページトップ